リビタ、暮らしから発想したリノベ – リフォーム産業新聞

Home » ショップ » 家具 » リビタ、暮らしから発想したリノベ – リフォーム産業新聞
家具 コメントはまだありません



リビタ、暮らしから発想したリノベ

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

要約すると

・リビタは、買取再販の新たなマンションシリーズを展開
・第1弾物件は赤坂にある築40年マンションで、テーマは「離・合・集・散」
・今期は4戸を展開予定、今後は年間30戸の展開を目標


第1弾テーマは「離・合・集・散」

 リビタ(東京都目黒区)は、買取再販の新たなマンションシリーズとして「暮らし発想リノベーション」の展開を開始した。このシリーズの特長は、ターゲットを家族像ではなく、ライフスタイルにしていることだ。「お客様の目線に立ち、世代と世帯ごとに抱えている暮らしの課題を解決する住まいを提案する」とレジデンシャル企画部プロデューサーの勝岡裕貴氏。最新の設備などのスペックや、作り手のエゴを押し付けるものではなく、「暮らしのシーンを訴求し、なぜそのデザインになったのかプロセスを伝え、共感を得たい」と語る。

リビタ 各空間を仕切るのはガラスやカーテン各空間を仕切るのはガラスやカーテン

 勝岡氏は、事業者がリノベした中古物件を購入者があえて壊して自分好みにリノベしている現状に触れ、「事業者はお客様が求めているものを提供できていない。リアルな声を反映すればそうはならない」と語る。

 そこで、同社の2500以上に及ぶリノベ実績から暮らしの課題と解決策を世代・世帯ごとに抽出し、アイディアをデータベース化。このアイディアをプランに生かしていく。「お客様から自分たちが家をつくるとしたらこんな家をつくっていたな、という言葉が出てきてほしい」(勝岡氏)

 同シリーズの第1弾物件は、赤坂にある築40年マンションの一室。コンセプトは「離・合・集・散」の二人暮らしだ。ターゲットは、夫婦や兄弟といった家族像ではなく、つかず離れずの距離を保てるようなライフスタイル。設計を担当したアラキ+ササキアーキテクツ(東京都調布市)の佐々木高之代表は「場を活性化させるような仕掛けを設けている」と語る。仕掛けの一つがコーナーラウンジ。L字型で座れる造作のソファだ。対面でも横並びでもないこの空間は、自然と二人が集い会話をしたくなるような距離感を演出している。「家具ではなく、建築と一体となっていると家への愛着になる」(佐々木氏)

リビタ コーナーラウンジコーナーラウンジ。造作のL字ソファが親密な距離感を演出する

 また、リビングと2つのベッドルームはぐるりと回遊することができ、それぞれのスペースにいながらも互いの気配を感じられるようなつくりだ。販売価格は8980万円。

 今期は4戸を展開予定。今後は年間30戸の展開を目標にしている。


↓ 過去の「リビタ」の記事はこちらから

京都の伝統工芸品を建材に活用しオフィスビルをホテルに再生
2020年までにリノベホテル累計10棟計画
新築シェアハウス事業スタート





コメントを残す