ダイハツ、軽乗用車「タント」の特別仕様車「VS」を発売 – Goo-net(グーネット)

Home » ショップ » カメラ » ダイハツ、軽乗用車「タント」の特別仕様車「VS」を発売 – Goo-net(グーネット)
カメラ コメントはまだありません



業界ニュース[2018.12.04 UP]

ダイハツ、軽乗用車「タント」の特別仕様車「VS」を発売

タント VSタント カスタム のRS“トップエディションVS SA III”

ダイハツは12月3日、軽乗用車「タント」の特別仕様車「VS」を発売した。今回の特別仕様車は、タントの「X“SA III”」、タント カスタムの「X“トップエディション SA III”」、「RS“トップエディション SA III”」のグレードに設定。「パノラマモニター」などを追加して、利便性を向上させているほか、全車のボディカラーで「レーザーブルークリスタルシャイン」がオプションで選択できるようにしている。

タント VS「パノラマモニター」などを追加して利便性を向上させている
タント VSシート表皮やインパネ、ドアトリムなどを黒で統一した「ブラックインテリア」を採用

タント X“VS SA III”は、「LEDヘッドライト」(ロービーム・オートレベリング機能付)やVS専用の「14インチアルミホイール」を採用。インテリアは、シート表皮やインパネ、ドアトリムなどを黒で統一した「ブラックインテリア」や、プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)、自発光式大型3眼センターメーター、プレミアムシャインブラック&ファブリックドアアームレストなどを採用。メッキ加飾のエアコンレジスターノブ、インナードアハンドル、シルバー加飾付きのエアコンセンターレジスターリングなども装備し、質感を高めている。

そのほか、「右側パワースライドドア」(ワンタッチオープン機能、予約ロック機能付)、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」を採用。「SRSサイドエアバッグ」を追加して安全性を向上させている。

DAIHATSU Tanto

タント VSタント X“VS SA III”は、「LEDヘッドライト」を採用

タント カスタムとなるX“トップエディションVS SA III”とRS“トップエディションVS SA III”は、ホワイト発光の「フロントグリルLEDイルミネーション」と「パノラマモニター対応カメラ」を装備。そのほか、X“トップエディションVS SA III”は、「右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能、予約ロック機能付)」を採用。RS“トップエディションVS SA III”では、VS専用の15インチアルミホイールを装着する。

メーカー希望小売価格は、148万5000円〜181万9800円(税込)



  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す