日産ジュークのおすすめの中古車をまとめてみた – Goo-net(グーネット)

Home » ショップ » バイク » 日産ジュークのおすすめの中古車をまとめてみた – Goo-net(グーネット)
バイク コメントはまだありません



中古車[2018.11.26 UP]

日産ジュークのおすすめの中古車をまとめてみた

日産ジュークのおすすめの中古車をまとめてみたグーネット編集チーム

ジュークは、2010年6月にリリースされ、従来のクルマでは見られない新たなジャンルであるコンパクトスポーツクロスオーバーの先駆けとして開発され、個性的で有機的なスタイリングを採用しています。

4150mm程度のコンパクトな全長ながら、ボンネットフードからウエストラインから下部分にボリュームを持たせています。大径タイヤを収める大きく膨らんだフェンダーをはじめ、往年のラリーカーを彷彿とさせる丸型2灯ヘッドランプや2ドアクーペのようなCピラー内蔵のリヤドアハンドルなど、独創的でモダンなスタイリングが人々を魅了しています。

エクステリアと同様に凝ったインテリアデザインを採用し、バイクのタンクのようなセンターコンソールやドアフィニッシャー、バイクのメーターをイメージしたシリンダー型メーターの意匠など、ファッショナブルな室内空間を演出しています。

また、ボディカラー、インテリアカラー、外装パーツを自分の好みでコーディネートできる「パーソナライゼーション」プログラムが用意されており、個性的な1台を仕上がる点も大きな魅力といえるでしょう。

優れた経済性とNAエンジンならではのリニアで爽快なドライブフィールを提供する1.5L直列4気筒自然吸気エンジンに加え、低速域から豊かなトルクを活かしたダイナミックな走りが特徴の1.6L直列4気筒ターボエンジンの2タイプのパワーユニットが用意されています。なお、1.6Lモデルにのみスタビリティの高いフルタイム4WDモデルが設定されています。

さらに高性能プレミアムスポーツバージョンとして、走りの質を高めた「ジュークNISMO(ニスモ)」と、エンジン出力の向上やブレーキの強化などが施されたホットモデル「ニスモRS」がラインナップされています。

ここではジュークの中古車の中から人気の高いおすすめグレードや、中古車を探す際に押さえておきたいおすすめの装備、ジュークのライバルとなるおすすめの車種などを紹介します。 

この記事の目次

関連情報

中古車購入

ジュークの特徴・どんな方におすすめなのか

【ジュークの特徴】

・圧倒的な個性を放つコンパクトスポーツクロスオーバーモデル

・存在感のあるアバンギャルドな内外装デザイン

・デュアルインジェクターを採用し燃焼効率を高め、レスポンスに優れ爽快な走りが心地良い1.5L 直列4気筒NAエンジン

・環境に配慮しながら優れた省燃費性能をアシストするアイドリングストップシステム

・トルクフルで低速域から力強いダイナミックな走りを提供する直噴1.6L 直列4気筒ターボエンジン

・優れたハンドリング性能を発揮する井桁型サブフレーム付高剛性フロントサスペンション

・マルチリンク式リヤサスペンションとともに全天候型の圧倒的な走行安定性を誇るトルクベクトル付ALL MODE 4×4-iシステムを採用するフルタイム4WDモデル

・用途や乗車人数に応じて多彩なシートアレンジが可能な6:4分割可倒式リヤシート

・運転のしやすさが実感できるシュートオーバーハングを採用する見切りの良いボディ形状と良好な視界性能 

【ジュークはこんな方におすすめ】

ワイドトレッドをいかしたボリューム感のあるスタイリングながら、全長やオーバーハングを抑えたコンパクトなボディサイズにより、誰もが運転のしやすさが実感できるパッケージデザインが魅力の1台です。

オリジナリティあふれるアバンギャルドな内外装デザインを採用し、自分の好みでカラーコーディネート可能な「パーソナライゼーション」とともに、流行に敏感な個性を大切にするライフスタイルを送る方々におすすめのモデルです。 

ジュークの人気車種・おすすめグレード

ジュークの人気車種・おすすめグレードグーネット編集チーム

ジュークの中古車の中から人気の高いおすすめグレードを世代ごとに紹介します。

ここでは2010年にリリースされた初代モデルについてピックアップします。 

初代 日産 ジューク15系(2010年6月〜)のおすすめ人気車種・グレード

日産 ジューク(JUKE)G(2016年6月モデル)

乗車人員:5名

駆動方式:FF

タイヤサイズ:(前)215/55R17 94V(後)215/55R17 94V

エンジンタイプ:HR15DE型 直列4気筒DOHC

排気量:1498cc

最高出力:114ps(84kW)/6000rpm

最大トルク:15.3kg・m(150N・m)/4000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

JC08モード燃費:18.0km/L

車両重量:1200kg

新車価格:2,274,480円

自動車税:年間34,500円 ※

※自動車税は2018年9月時点で参照したものとなります。 

■主な装備

【エクステリア】

・専用クールブラックフロントグリル

・専用クールブラックバックドアモール

・エキゾーストフィニッシャー

・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー

・17インチタイヤ&アルミホイール

・パーソナライゼーション専用エクステリアカラー

フロントアウトサイドドアハンドル/ドアミラー

【インテリア】

・スエード調トリコットシート

・メッキインナードアハンドル

・インテリジェントコントロールディスプレイ

・6:4分割リヤシート(シングルフォールディング)

・フロントセンターコンソール

・ラゲッジアンダーボックス

・パーソナライゼーション専用インテリアカラー

フロントセンターコンソール/シート/ウインドウスイッチフィニッシャー/ATシフトノブ/ステアリングステッチ

【安全装備】

・キセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ)

・フロントコンビネーションランプ(シグネチャーLEDポジションランプ付)

・ハイビームアシスト

・フォグランプ

・インテリジェント オートライトシステム

・運転席&助手席SRSエアバッグ

・VDC(ビークルダイナミクスコントロール、キャンセルスイッチ:TCS機能含む)+ブレーキLSD

・インテリジェント エマージェンシーブレーキ

・LDW(車線逸脱警報)

・エンジンイモビライザー

【快適装備】

・スーパーUVカットフロントグリーンガラス

・UVカット断熱フロントドアグリーンガラス

・UVカット断熱機能付プライバシーガラス(リヤドア/バックドア)

・プッシュエンジンスターター

・インテリジェントキー

・オートエアコン

【ナビゲーション】

・2スピーカー

【その他】

・アイドリングストップ機構

・専用ローダウンサスペンション 

■特徴

・精悍さを演出するクールブラック仕上げの専用フロントグリル&バックドアモールとエキゾーストフィニッシャー

・重心の低いシャープな走りを提供する専用ローダウンサスペンション

・足元をスポーティに飾る17インチタイヤ&専用クールブラック仕上げアルミホイール

・軽快な吹け上がりと息の長い加速フィールが心地良い1.5 L 直列4気筒NAエンジン

・エコドライブをアシストするアイドリングストップシステム

・内外装を好みのカラーに変更できる「パーソナライゼーション」プログラム

・室内をスポーティに演出するシルバーステッチ入り本革巻3本スポークステアリングホイール

・VDC+ブレーキやLSD インテリジェント エマージェンシーブレーキ、LDWなどの先進の安全装備

・オートエアコンやプッシュエンジンスターター、インテリジェントキーなどの充実した快適装備

・夜間走行の安全確認性を高める高輝度キセノンヘッドランプ

・多目的に活躍する利便性の高い6:4分割可倒式リヤシート 

ジュークの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプション

ジュークの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプショングーネット編集チーム

ジュークはダイナミックなボディを身にまとい軽量ボディを力強く加速させる動力性能や運転のしやすいパッケージデザインにより、人気の高いコンパクトスポーツクロスオーバーモデルです。

搭載するパワーユニットは2タイプながら、内外装のカラーや外装パーツを好みのカラーに変更できる「パーソナライゼーション」パッケージやアルミホイールのカラーが精悍なブラック仕上げとなる「ドレスアップ」になるパッケージなど、多彩なプログラムが設定されています。

特にボディカラーと内装のセンターコンソールやシートがカラーコーディネートされる「パーソナライゼーション」は、個性的な印象を生みだし、おすすめの装備に挙げられます。

また、「パーソナライゼーション」にのみ、クォリティの高い本革シートがオプションで用意されており、併せておすすめしたいアイテムです。

日産の安全装備の中でも人気の高い移動物にも対応するインテリジェントアラウンドビューは、予算の許す限り装備したい安全装備です。是非、装備の有無のチェックをおすすめします。

たくさんのオプション装備の中から、初代モデルに設定される人気の高いおすすめのアイテムを紹介します。 

【エクステリア】

・フロントアンダープロテクター

・リヤアンダープロテクター+エキゾーストフィニッシャー

・ルーフスポイラー

・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)

・17インチタイヤ&アルミホイール(ブラック)

【インテリア】

・センターアームレストコンソール

・本革シート

前席シートヒーター+運転席&助手席SRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグシステム+後席アシストグリップ(左右付)※パーソナライゼーション専用

【安全装備】

・キセノンヘッドランプ

・フォグランプ

・インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

・ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー

・バックビューモニター(カラー、車幅/距離表示機能付)

・Sパック

デュアルSRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグシステム+後席アシストグリップ(左右)

【快適装備】

・プッシュエンジンスターター

・インテリジェントキー(リモートコントロールエントリーシステム機能付、運転席/助手席/バックドア感知、作動確認機能)

【ナビゲーション・オーディオ】

・日産オリジナルナビゲーション

・日産オリジナルナビ取付パッケージ

ステアリングスイッチ、リヤ2スピーカー、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネス、GPSアンテナ

・ナビレコお買い得パック

・日産オリジナルオーディオ

・リヤ2スピーカー

【その他】

・ETC/ETC2.0ユニット

・寒冷地仕様

ヒーター付ドアミラー、寒冷地仕様ワイパー、リヤヒーターダクト 

ジュークのライバルとなるおすすめ車種

ジュークのライバルとなるおすすめ車種グーネット編集チーム

全長を抑えたコンパクトなボディながら、幅の広い存在感のあるグラマラスなスタイリングやオーナーのセンスを活かしたファッショナブルな内外装のカラーコーディネートが楽しめるコンパクトスポーツクロスオーバーモデルとして人気の高いジュークの中古車を購入する際に比較される、ライバル車の中からおすすめの車を紹介します。

初代 トヨタ C-HR 10/50系(2016年〜)

中古車平均価格相場:225.9万円(2018年9月27日時点)

C−HRはスピード感あふれるダイナミックなスタイリングや質の高い卓越した走りを実現する、トヨタのコンパクトクロスオーバーSUVとして2016年12月に誕生しました。

グローバルな視点でクルマ作りを行う、トヨタの新たな構造改革であるTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用する第二弾モデルとして開発されました。

「我が意の走り」を開発コンセプトに掲げ、プリウスとプラットフォームを共有しながらも、ヨーロッパをはじめ世界のさまざまな環境の下、足回りやステアリングの仕様を煮詰め、爽快で力強い動力性能はもとより、コントロール性能や走りの質にまでこだわったモデルです。

見る人の感性に訴える、アグレッシブな前後フェンダーの意匠や彫刻を思わせる面構成、ダイヤモンドをモチーフにしたスタイリングが強烈な個性を放ちます。

クロスオーバーSUVモデルでありながら、3ドアクーペのようなシルエットからスペシャリティカーを思わせる佇まいなど、数々の魅力を備えており2017年度のSUV新車販売台数を獲得するなど、高い人気を誇ります。

ドライバーを刺激するセンスの良い、操作性を重視した上質なコックピットデザイン、ダウンサイジング1.2Lインタークーラー付ターボエンジンと爽快な走りと省燃費性能を両立する1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムの2つの個性的なパワートレインが設定されています。

先進の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を搭載しているので、高い安全性能からもジュークを購入する際に比較される人気の高いモデルです。 



  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す