壊れたBDレコーダーのドライブを自力交換する – ガジェット通信

Home » 中古品 » 壊れたBDレコーダーのドライブを自力交換する – ガジェット通信
中古品 コメントはまだありません



壊れたBDレコーダーのドライブを自力交換する

BDレコーダーでよくあるトラブルが、光学ドライブが劣化して読み書きできなくなるというもの。ただし、製造終了から8年でメーカー修理は不能になります。あとは自力で何とかするしかありません。そこで、サポートが終了したBDレコーダーのドライブを自力で交換する方法を見ていきましょう。

BDドライブの交換までの流れを解説

メーカーのサポート期間が終了したからと言って、壊れたBDレコーダーの修理をあきらめる必要はありません。有志がその手順やヒントをサイトに掲載していることに加え、交換用の部品がネットオークションなどで比較的安価に入手できます。

インターネットの普及により各種家電の自力修理は容易になっているのです。ここでは、2007年発売のソニーのBDレコーダー「BDZ-X90」を例に、BDドライブの交換までの流れを解説しましょう。

まずは、交換用のソニー専用BDドライブ「BRD-100」の入手からです。動作確認済みの中古品がヤフオク!に複数出品されており、5,000円程度で入手可能。内蔵HDDが不良になった本体も数多く出品されており、そちらの方がより安く落札できます。

BDドライブに起因する不具合が解消

ただし、中古だけにBDドライブが正常に動くかは不明なので、可能なら複数台入手しておきたいところ。完動品を確保できる確率が上がるのはもちろん、流通量が多い今のうちに入手しておけば、将来の再修理に備えられます。

作業の順番はBDレコーダー本体を分解して内蔵HDDを取り外してから、BDドライブの交換です。分解手順は「BDZ-X90 修理」で検索すればすぐ見つかります。外したネジ類は場所ごとに分類し、デジカメでこまめに写真を撮っておくとスムーズです。

不具合がBDドライブに起因している場合は、これだけで解消する可能性大です。なお、組み直した後にHDDのフォーマットや初期化は必要ないので、この作業自体ではBDレコーダーの録画番組に影響はありません。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?





コメントを残す