元恋人からのプレゼント、使う派?処分派? – ニフティニュース

Home » 質屋 » 元恋人からのプレゼント、使う派?処分派? – ニフティニュース
質屋 コメントはまだありません



■元恋人からのプレゼントを使い続けるパートナーは?
あなたは、新しい恋人ができた後も、昔の彼や彼女からプレゼントされたものを使い続けたことはありますか?誕生日や記念日の贈り物はアクセサリー、財布、カバン、時計などが定番ですが、それらの小物は、恋人と別れた後、どうしましたか?

オールアバウト独自のユーザー参加型アンケート「恋愛裁判」による調査(※現在はサービス停止済)の「元恋人からのプレゼントを使い続けるパートナーは?」という題目で、有罪と無罪の投票が行われました。

結果は、有罪は34.2%、無罪は65.8%。今付き合っているパートナーが、昔の恋人からプレゼントされたものを使っていてもOKという人は7割近くいました。無罪と答えた人自身も、捨てずに使い続けている人が大半だと想像できます。

有罪と考える人たちには、「元恋人に対して、まだ未練があるようで受け入れがたい」という意見が目立ちました。一方、無罪と答えた人には、「モノには罪はない」「未練がないから使い続けられるのでは?」と回答し、無罪派の人は、モノを使うことと、未練の感情は別だと考えています。

■モノは捨てても、未練は残る?
プレゼントを使い続けることと、未練は関係あるのでしょうか?もし、今のパートナーが、昔の恋人に未練を残していることが分かれば、ショックを受けるでしょう。自分は、元恋人の「代理」で、その人を失った寂しさを穴埋めするための「一時的な処方箋」ではないかと思うと、やりきれない気持ちになります。

しかし、「プレゼントを使わないこと=未練がない証」とも言えません。むしろ、元恋人に強い未練を残している場合は、その気持ちを今のパートナーに決して悟られぬよう、プレゼントであったことを話したりせず、目につくようなところに置くこともないでしょう。

同棲や結婚後に別れた場合は、相手と共有していたものが多い分、記念日のプレゼントではなくても、相手からもらったソファやコップ、2人で購入した電子レンジに炊飯器、借りたままで返却できなかった漫画やCDなどなど、随分と多いはずです。未練以前に、全てを捨て切るのは現実的ではないようにも思います。

また、最近は、i-Phoneや、デジカメなど実用的な家電製品を、記念日にプレゼントすることもあるようです。昔付き合っていた人からもらったからという理由で、使えるものも捨ててしまうのは、単純に勿体ないと言えます。未練とは関係なしに、別れた恋人が、モノを大切に扱う気持ちから、自分がプレゼントしたものを大事に使っていることを想像しても、特別、悪い気はしません。

7割の人は、「モノと元恋人は別」と、プレゼントも使い続けることを気にしないようですが、「使ってもらうのはイヤ」という3割の人を恋人にした場合は、要注意。面倒なことになる前に、指輪や金属類は、タンスにしまうか、質屋で換金してもらうのが良いかもしれません。最善の策は、新しい恋人には、嘘を付いてでも、「元恋人からプレゼントされた」と言わないことでしょう。
(文:西郷 理恵子)





コメントを残す