モンキー、125cc版登場で中古バイクの人気が急騰 goo+dランキング – レスポンス

Home » ショップ » バイク » モンキー、125cc版登場で中古バイクの人気が急騰 goo+dランキング – レスポンス
バイク コメントはまだありません



NTTレゾナントが運営する「goo+d(グッド)ランキング」は、ポータルサイト「goo」の「goo自動車&バイク」における中古バイクカテゴリーの車種別ページビュー数(2017年11月~2018年10月)から人気の中古バイクをランキング形式で発表した。

今回の調査では、ホンダ『モンキー』がトップ。モンキーは1967年に販売を開始したロングセラーモデルだが、排ガス規制により一旦、生産終了。2018年7月に「モンキー125」と排気量アップで再販売を開始。この再販売で一気に注目が集まり、PV数が同月から大きく伸び、最注目車種となった。また、「モンキー」とともに検索された検索ワードは「カスタム」や「パーツ」などが上位にきており、カスタマイズが楽しまれているバイクであることが検索ログからも読み取れた。

2位はヤマハ『ドラッグスター400』。ヤマハを代表するクルーザースタイルのバイクで根強いファンが多い。2017年9月に生産終了となったことで、中古に注目が集まり、「goo自動車&バイク」では2番目に注目された車種となった。

3位は上位2モデルと異なり、販売開始が2010年と比較的新しいモデルであるホンダ『PCX』。2018年3月の大阪モーターサイクルショーで新型が発表され、大きく注目された。「goo自動車&バイク」の中古バイクカテゴリーでは、1年を通して安定した注目度を保っていた。





コメントを残す