プレミアグループは反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » プレミアグループは反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



 プレミアグループ<7199>(東2)は、自動車ローンや自動車保証の自動車金融サービスを中心にオート関連サービスを展開している。19年3月期は営業費用増加などで最終微増益にとどまるが、大幅増収予想である。第2四半期累計は減益だったが、進捗率は順調だ。株価は10月の上場来高値圏から反落したが、調整一巡して反発を期待したい。

■自動車ローンなど自動車金融サービスが主力


 中古自動車のオートクレジット(自動車ローン)や、自然故障による修理費用を保証するワランティ(自動車保証)などの自動車金融サービスを主力として、オート関連サービスを展開している。18年3月期の売上構成比はクレジット事業76%、ワランティ事業23%、その他事業1%である。

■国内外でカーライフのトータルサポートを推進


 国内外におけるカーライフのトータルサポートを掲げ、成長戦略としてオートクレジットの積み上げ、成長ドライバーとしてのワランティの強化、整備・板金などアフターマーケット分野への展開、海外事業(タイおよびインドネシア)の拡大を推進している。

 18年8月UcarPAC(ユーカーパック)と協業して中古車買取サービスを開始、パーク24<4666>のクレジット決済サービスとの営業連携を開始、18年9月コンタクトセンターを福岡に増設(17年8月設置した札幌コンタクトセンターと合わせて全国2拠点体制)した。18年10月には、自動車整備業界向けソフトウェア開発のソフトプランナーを子会社化、オリックス・クレジットと提携して個人向け「オートコンシェルズサービス」の提供を開始、子会社PLSが個人向けオートリース事業を開始した。

 自社ブランド整備工場「FIX MAN」については、18年10月札幌市に日本第1号店をオープン、タイに第4号店をオープンした。

■19年3月期大幅増収予想、2Q累計減益だが進捗率順調


 19年3月期連結業績(IFRS)予想は、営業収益が18年3月期比17.4%増の106億39百万円、税引前利益が1.9%減の19億42百万円、親会社所有者帰属当期利益が3.7%増の13億41百万円としている。配当予想は18年3月期と同額の年間85円(第2四半期末42円50銭、期末42円50銭)で、予想配当性向は38.4%となる。

 第2四半期累計は営業収益が前年同期比16.7%増の51億83百万円、税引前利益が12.3%減の10億43百万円、親会社所有者帰属当期利益が12.9%減の7億40百万円だった。営業収益、利益とも計画超で着地した。なお会計基準変更(IFRS第9号適用による保険取引の会計処理変更)の影響(1億90百万円のマイナス要因)で減益だったが、この影響を除く本業に係る税引前利益は41.2%増の12億33百万円だった。

 営業収益は、営業強化や加盟店との関係構築深化などの効果で、クレジット事業が16.9%増収、ワランティ事業が14.9%増収と伸長した。クレジット事業のクレジット取扱高は20.7%増の642億円、クレジット債権残高は20.0%増の2267憶円、クレジット加盟店は9.6%増の1万9357社、ワランティ事業のワランティ取扱高は18.6%増の14億39百万円となった。またクレジット延滞債権残高率(3カ月超)は0.84%と低水準である。

 通期ベースでは、税引前利益が人員増などに伴う営業費用増加で減益予想となり、親会社所有者帰属当期利益は微増益にとどまるが、アセット積み上げでオートクレジット事業、ワランティ事業とも伸長して、営業収益は大幅増収予想である。なお、その他収益として保険入金を第2四半期と第4四半期に計上するため、会計基準変更による影響は、通期では約1億80百万円の費用増加影響(貸倒引当繰入額12億60百万円―保険入金10億80百万円)にとどまる見込みだ。

 第2四半期累計の進捗率は営業収益48.7%、税引前利益53.7%、親会社所有者帰属当期利益51.8%と順調である。通期ベースで好業績を期待したい。

■株価は調整一巡して反発期待


 株価は10月22日の上場来高値5430円から反落したが、4000円近辺で下げ渋る形だ。11月15日の終値は4105円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS221円29銭で算出)は約19倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間85円で算出)は約2.1%、時価総額は約249億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線近辺で下げ渋り、サポートラインを確認した形だ。調整一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す