パイプドHDのグループ企業、パブリカが開発した自治体広報紙の情報サイト「マイ広報紙」は『ベストイノベーション賞』を受賞 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » パイプドHDのグループ企業、パブリカが開発した自治体広報紙の情報サイト「マイ広報紙」は『ベストイノベーション賞』を受賞 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■「第12回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」の「ASP・SaaS部門」で


 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パブリカが開発した自治体広報紙の情報サイト「マイ広報紙」(https://mykoho.jp/)は、特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム(略称:ASPIC)が11月6日に発表した「第12回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」の「ASP・SaaS部門」で、『ベストイノベーション賞』を受賞した。

 「ASPICアワード」は、国内で優秀な「社会に有益」かつ、「安心・安全」なクラウドサービス等を表彰し、クラウドサービス事業者およびユーザ企業・団体の事業発展・拡大を積極的に支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展確立することを目的としたアワード。

 「マイ広報紙」は、革新性をもった優秀なサービスであるということが評価されたことで、「ベストイノベーション賞」を受賞。

 「マイ広報紙」は、全国500以上の自治体が発行する広報紙を記事ごとにデータベース化し、「マイ広報紙」サイトで配信する日本初の広報紙データプラットフォームサービスで、一般社団法人オープンコーポレイツジャパンと共同で運営している。PDFの広報紙をテキスト化することで、音声読み上げ機能や自動翻訳機能、検索エンジンの利用を可能にする。また、「マイ広報紙」に蓄積された記事をNTTドコモの「iコンシェル」や「my daiz(マイデイズ)」、ヤフーの「Yahoo! MAP」アプリや「Yahoo!ロコ」にも配信し、地域のイベント情報や行政情報をより広く伝え、手軽に閲覧できるようにしている。

 ちなみに、パブリカは、自治体や官公庁のオープンデータを活用したサービスを提供する日本初の専門会社。官公庁や自治体、さらに民間企業などに蓄積されているデータのオープン化を促し、活用するサービスを開発して、自主運営を目指している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す