廃棄物・リサイクルの事例紹介など 世界循環経済フォーラムに1000人以上 – 環境ビジネスオンライン

Home » リサイクル » 廃棄物・リサイクルの事例紹介など 世界循環経済フォーラムに1000人以上 – 環境ビジネスオンライン
リサイクル コメントはまだありません



環境省は、10月22~23日、フィンランド・イノベーション基金(SITRA)と共同で「世界循環経済フォーラム(WCEF)2018」を横浜市で開催した。

同フォーラムでは、循環経済に関する世界中の好事例の紹介や、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた循環経済の役割などについて議論が行われた。参加国は約85カ国、参加者は1,000名以上にのぼった。

主なトピックスとしては、循環経済の構築をテーマに、第4次産業革命の技術活用、グローバルチェーンと循環貿易、食品リサイクル、プラスチックゴミの削減などが取り上げられた。また、日本が世界の主要循環経済の推進国の一つとなったかというストーリーも紹介された。

資源を廃棄物にするのではなく、資源効率性の向上や3R推進による循環経済への移行は、関連するステークホルダーの協力等が重要となる。また、循環経済の移行は、企業にとって新しいビジネスチャンスをつかみ、競争的優位を築くきっかけにもなる。

これらを目的としてWCEFは、世界中から循環経済に関するステークホルダーが一同に会し、循環経済に関する知見を共有するイベントとして開催されている。2017年にフィンランドのヘルシンキで第1回が開催され、2018年は2回目の開催となる。第3回WCEFは、2019年6月にヘルシンキで開催される予定。

環境副大臣が3つの提言を発表

WCEF2018では、原田環境大臣がオープニングスピーチを行った。また、あきもと環境副大臣が議論の内容を踏まえてクロージングスピーチを行った。このスピーチで、世界的な課題の解決に向けて循環経済への移行が不可欠であるとし、目指すべき経済・社会を実現していくため、下記の3つの行動について提言した。

  1. 国、企業、個人等の各主体の具体的な目標の設定と共有
  2. 循環経済の構築に向けたムーブメントの促進
  3. 官民連携による行動の拡大

また、原田環境大臣は、フィンランド環境省との環境協力の覚書について署名を行い、両国環境省が、循環経済、廃棄物管理と廃棄物発電に関する技術、気候変動、大気汚染・水質汚濁の防止と汚染土壌の回復、海洋環境の保護等の分野で協力を行っていくことを確認した。さらに、世界経済フォーラム等のイニシアティブである循環経済加速化プラットフォーム(PACE)への参加を表明した。

WCEF2018の成果については、日本・フィンランド両国が協力し、2019年3月の第4回国連環境総会(UNEA4)、同年6月の「G20環境・エネルギー大臣会合」等の国際会議において発信していく。



【参考】



コメントを残す