不思議だ! 日本人はなぜ「中古品」に抵抗がないのだろう? =中国メディア – ニフティニュース

Home » ショップ » ブランド品 » 不思議だ! 日本人はなぜ「中古品」に抵抗がないのだろう? =中国メディア – ニフティニュース
ブランド品 コメントはまだありません



 日本人の女子中高生がハイブランドのバックや財布を持っているのを見て、中国人は衝撃を受けるという。中国メディアの今日頭条は24日、多くの日本人がブランド品を所持できるのは、日本に普及している1つの消費文化があるからだと主張し、それは「日本に根付いた中古品のリサイクル文化」によるものだと主張した。

 記事は、日本では大学生や高校生、ひいては中学生のような若い女性でもハイブランドのバックや財布を持っていると指摘し、特に大都市では女子中高生がブランド品の財布などを所持しているのをよく見かけると主張。そして、その背景には日本人の経済能力や都市の経済力の高さが挙げられるとしながらも、それ以外にも日本では中古品市場が発展していることも関係していると主張した。中国人は新品を好むので、人が使った中古品には抵抗を感じる人が多く、日本のようにリサイクルショップはあまり見られない。

 続けて、日本のリサイクルショップについて、「中古と言っても、使用頻度の低い程度の良い物や、新品のまま売りに出された物もある」とし、「新品のブランド品が定価より大幅に安く手に手に入ることもある」と説明。また、なぜ新品のブランド品がリサイクルショップで販売されるかについては「異性からプレゼントされたブランド品を売りに出す人がいるため」だとした。

 また記事は、日本ではブランド品以外に電化製品や書籍、衣服の中古品が販売されているが、「価格が安いだけでなく、偽物を販売してしまわないよう厳しく管理されているので、日本ではリサイクルショップが流行している」と紹介し、こうした店を利用すれば若者でもブランド品に手が届くのだと主張した。

 リサイクルショップは日本でも近年発展した事業形態であり、かつてはここまで普及していなかった。消費の動向も刻々と変化しているゆえに、今後も中国で流行することもあり得るかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)





コメントを残す