三陸沿岸道工事現場から重機盗む 仙台北署、容疑の社長逮捕へ – 河北新報

Home » 古物商 » 三陸沿岸道工事現場から重機盗む 仙台北署、容疑の社長逮捕へ – 河北新報
古物商 コメントはまだありません



宮城のニュース

三陸沿岸道工事現場から重機盗む 仙台北署、容疑の社長逮捕へ

佐々総業の捜索に入る捜査員ら=29日午前11時ごろ、岩手県山田町

 東日本大震災からの復興道路として国が整備する三陸沿岸道路(仙台市−八戸市、総延長359キロ)の建設工事に絡み、岩手県山田町の土木工事会社「佐々総業」が、工事現場から盗まれた重機を不正に転売しようとした疑いがあることが29日、捜査関係者への取材で分かった。仙台北署は同日、同社を窃盗容疑で家宅捜索し、容疑が固まり次第、社長の男(36)を逮捕する方針。
 捜査関係者によると、2017年10月中旬ごろ、釜石市で行われていた三陸沿岸道路釜石北インターチェンジ(IC)の道路改良工事現場で、ブルドーザー1台(1000万円相当)が盗まれる事件が発生。仙台北署に今年7月、宮城県内の古物商から、このブルドーザーの買い取り依頼があったと通報があった。
 同署の捜査で、宮古市の木材販売会社の社長の男(47)と部下の男(34)からの依頼だったと分かり、同署は今月、盗品等有償処分あっせん容疑で2人を逮捕。その後の捜査で、佐々総業の社長の男も関与している疑いが強まった。同社は釜石北ICの道路改良工事を下請けで受注していた。
 山田町の佐々総業の事務所では、捜査員12人が29日午前11時ごろから捜索を始めた。

2018年10月29日月曜日





コメントを残す