ペットボトル工場の実情をTwitter漫画に ゴミの分別にまつわる問題を浮き彫りに – ねとらぼ

Home » リサイクル » ペットボトル工場の実情をTwitter漫画に ゴミの分別にまつわる問題を浮き彫りに – ねとらぼ
リサイクル コメントはまだありません





 お笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一さんはゴミ収集会社に勤める会社員でもあり、その経験を著書『このゴミは収集できません』に記しています。そんな滝沢さんが、ペットボトル工場勤務時の体験を漫画化しTwitterで公開。作業中に浮かんだ疑問を素直に描き、ゴミの分別にまつわる問題を浮き彫りにしています。


アイキャッチ
ペットボトルに瓶が交じっていると、全作業が中断。分別の大切さを表すワンシーン

 滝沢さんの勤務先は、回収とは別にペットボトル工場の業務も扱っています。ベルトコンベヤーに流れてくるペットボトルからキャップとラベルを外すのが作業員の仕事。異なる素材を排除し、PET素材のみ残してリサイクルの純度を高める仕組みです。


1P
仕事は全て手作業。夏場はペットボトルの量が多く、腱鞘炎になる人もいるという



2P
※最上段左のコマは、「ラベルはPS(ポリスチレン)素材、キャップはPP(ポリプロピレン)素材」の誤り

 単純作業に勤しんでいると、脳内でさまざまな思考が巡るもの。滝沢さんも、「ペットボトルに直接印刷ができれば、ラベルをはがさずに済むのでは?」と想像しています。

 そんなとき、隣の同僚が1本のペットボトルを廃棄分へ。理由を聞くと、色付きのものはリサイクル時に色が混じってしまうため、燃えるゴミとして処理しているのだそうです。となると、ボトルに直接印刷するアイデアもダメなのだと気付く滝沢さんでした。


3P
※自主設計ガイドラインでも、「ボトル本体への直接印刷は行わない」と定められています(賞味期限や製造所固有記号などの微細な表示は除く)

 ならばキャップをPET素材で作れないだろうか? いや、強度などの問題で無理か――想像を広げていると、今度はベルトコンベヤーにトラブルが発生。瓶が混じっていたため、システムが自動で停止したのです。そこから滝沢さんの思考は「どうして瓶や缶がペットボトルに交じるのか」といった疑問へ。その原因は、後日の回収業務中に明らかになりました。


4P
※PETボトル協議会は、PET製キャップには技術的問題点も多いのが現状で、キャップはペットボトルと分けてリサイクルするのが適切としています

 というのも、ある地域では瓶・缶・ペットボトルの回収日が同じ。地区によっては分別用のコンテナが置かれていなかったといいます。出し方が分かりにくいせいで、これらを一括で回収していると思っている住民もいるらしく、全種類が同じゴミ袋に入っていたこともあったのだとか。

 全てがきれいに洗われていたため、当人にきちんとゴミ出しをしようとする意識はある様子。ここから、滝沢さんは「分別する意識はあるけれど方法が分からない人も少なくない」と考え、分別問題に改善の余地があるとしています。


5P

 最後に、「ペットボトルと間違えて出されるゴミ」の私的なランキングを発表。第3位は調味料の容器で、「プラ」や「PET」などの識別表示マークを参考に分別してほしいとのことです。ただ、「PET」マークのある油の容器については、油で汚れているためリサイクルに適さず、個人的には可燃が適切との考え。第2位の洗剤の容器についても、汚れていれば可燃ゴミに。勤務先でも可燃に回しているそうです。


6P

 第1位は卵パックや、そうざいや弁当の容器。これらは自治体のルールに従って、プラゴミか可燃ゴミに出してほしいとのことです。滝沢さんは番外編として、たまに交じるという「水筒」も紹介。「飲み物系のゴミってこと?」と困惑していますが、さすがに出した人が雑すぎるのでは……。


7P

 「廃棄するまでが購入者の責任」「現場の大変さが分かったので今後気をつけます」など、漫画は大きな反響を呼びました。「分別の基準が自治体によってまちまちなのも問題」「リサイクルよりも焼却するほうがかえってエコなのでは」と、さまざまな意見が生まれています。

(沓澤真二)


‘; pos_cnt.appendChild(my_cnt); /*–WIDGET–*/ var _ul_comment_config = _ul_comment_config||{}; _ul_comment_config[‘id’] = ‘CM-M6vRUXvV’; _ul_comment_config[‘article_id’] = my_art_id; // _ul_comment_config[‘url’] = my_art_url; _ul_comment_config[‘author’] = ”; _ul_comment_config[‘published_at’] = ”; (function (c, n, s) {if (c[n] === void 0) {c[‘ULObject’] = n; c[n] = c[n] || function () {(c[n].q = c[n].q || []).push(arguments)}; c[n].l = 1 * new Date();var e = d.createElement(‘script’);e.async = 1; e.src = s + “/comment.js”;var t = d.getElementsByTagName(‘script’)[0]; t.parentNode.insertBefore(e, t);}}) (window, ‘ul_comment_widget’, ‘https://cm-widget.nakanohito.jp/cm’); ul_comment_widget(‘init’, _ul_comment_config);
/*–/WIDGET–*/ /*–COUNTER–*/ window.addEventListener(‘DOMContentLoaded’,function(){ var e_com_count = d.getElementsByClassName(‘comment_counter’); var api_hash = [my_art_id]; var xhr = new XMLHttpRequest(); xhr.onreadystatechange = function(){ if(this.readyState == 4 && this.status == 200){ if(this.response){ for(var i = 0; i





コメントを残す