プロトタイプの任天堂Wiiリモコンがオークションに登場、マニアの間で話題に – Techable

Home » オークション » プロトタイプの任天堂Wiiリモコンがオークションに登場、マニアの間で話題に – Techable
オークション コメントはまだありません



2006年に発売され、家庭用ゲーム機として爆発的な人気を博した任天堂Wii。惜しくも生産終了となったが、ファンの間では、まだまだ現役続行中。オークションサイトでは、リモコンや貴重なソフトが、ひんぱんに売買されている。

Wiiのリモコンは、もともとゲームキューブ用に開発された、と言われている。2006年に同社は、「加速度計ベースのコントローラ」という特許を出願したが、これは、ゲームキューブのために申請したものらしい。

認可された技術はその後、ゲームキューブではく、Wiiのリモコンとなる“Wiimote”と“ヌンチャク”に採用された。ゲームキューブとの接続は、プロトタイプで終わった、と事情通には見なされていたようだ。

・ゲームキューブと接続できる“幻のリモコン”

そんな背景を知っている人なら、今月25日にYahooオークションに出品された製品を見て、驚かずにはいられなかったろう。公開されたのは、Wiiプロトタイプ用と思われるリモコン。希望価格は、663ドル(約7万4000円)。レイアウトや形状は、初期販売モデルと酷似。そこから、画像をよく見てみよう。ワイヤレスのはずのWiiコントローラーとは異なり、有線のコネクタが付いている。

今回はもう1つ、プロトタイプのヌンチャクも、同時出品された。Wiiとの最大の違いは、イーサネットケーブルが、そのコネクタであるところ。この形状は現在、スーパーファミコン“クラシック”のミニチュアコンソールに、使用されている。

このプロトタイプは、リモート用に赤外光を放射する “センサーバー”に依存している。バーの端に一対のふくらみがあり、小売りのWiiセンサーバーよりも大きく、メモリカードスロットを介して、ゲームキューブに差し込むようになっている。

・上級マニアも認める激レア品!?

製品は間もなく、ゲームキューブの熱狂的なファンによって落札された。28日には、ゲームキューブに接続して使う画像を、Twitterにアップ。これを見たゲームメーカー、ウェイフォルワード・テクノロジズの開発ディレクターが、Wii超初期(まだNintendo Revolutionという製品名だった頃)のリモコンだ、と断定。上級マニアも認める激レア製品として、知れわたることになった。

どういう経緯でオークションに出されたのかはわからないが、ひとりのファンを幸せにしたことは確か。今後もこうした“隠れた逸品”が掘り出される可能性は、大いにありそうだ。

souce by arstechnica.com
スペマRP



コメントを残す