フリーダムアーキテクツ、リノベーション事業に「VRアーキテクツシステム」を導入 – CNET Japan

Home » ショップ » 家具 » フリーダムアーキテクツ、リノベーション事業に「VRアーキテクツシステム」を導入 – CNET Japan
家具 コメントはまだありません



 フリーダムアーキテクツデザインは10月25日、「VRアーキテクツシステム」を、中古マンションのフルリノベーション事業「REDESIGN(リデザイン)」に導入したと発表した。

「VRアーキテクツシステム」を、中古マンションのフルリノベーション事業
「VRアーキテクツシステム」を、中古マンションのフルリノベーション事業

 VRアーキテクツシステムは、Autodeskが提供するBIMソフトウェア「REVIT」で、住宅の完成イメージを3次元の立体モデルで作成し、VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」と連携させることで、図面の中を自由に歩く体験が可能になるというもの。

 平面図ではわかりづらい、室内の奥行感や天井高をリアルに確認ができ、家具やインテリアもモデル内で具体的に再現するため、家具の配置や壁材と空間のマッチングなども、モデル内で確認することができる。

 フリーダムアーキテクツデザインは、本システムを2017年2月より戸建ての注文住宅の設計に限り運用していたが、10月より、中古マンションのフルリノベーション事業にも展開した。





コメントを残す