ファッションに興味のないヲタがFOSSIL製スマートウォッチに出会うまで – ケータイ Watch

Home » ショップ » スマートウォッチ » ファッションに興味のないヲタがFOSSIL製スマートウォッチに出会うまで – ケータイ Watch
スマートウォッチ コメントはまだありません



 iPhone XSやPixel 3を筆頭に、新型スマートフォンの発表&発売ラッシュが続いていますね。OSとしてのAndroidの最新バージョンに、ことのほか興味がある筆者としましては、是が非でもPixel 3を買いたいのですが、なにぶん懐具合が厳しく……。というのも、新型スマートウォッチを買ってしまったばかりでして。

腕に装着した状態の「FTW4016」

 購入したのは、フォッシル(FOSSIL)が8月に発表した「Fossil Q Explorist HR」という製品。バンドの材質でさらにバリエーションが分かれるのですが、私がチョイスしたのは茶色いレザーバンドの「FTW4016」です。お値段は3万8800円也(税込)。ちなみに、金属バンドのモデルだと4万円超えます。

 恥ずかしながら筆者、服飾・ファッション関係にはとんと疎く、フォッシルというブランドをつい最近初めて知りました。それこそもう「フォッシル? ダライアスの1面のボスとなんか関係あるの?」ってな感じです。

 本誌の過去記事によりますと、もともとは1984年に生まれた米国発のブランドとのこと。腕時計が中核製品のようですが、バッグや財布も発売しています。ソニー、LG、モトローラなどからAndroid Wear(現Wear OS)搭載スマートウォッチの新製品便りが絶えて久しい中、フォッシルは着実にリリースを重ねており、FTW4016は“ジェネレーション4”にあたります。かなり気合いを入れて、開発しているのでしょう。

 ただ、基本はファッションブランドということもあってか、販路はなかなかに限定されているようですね。一番確実な入手先は、直営店か公式サイト通販。あとはAmazonやZOZOTOWNなども正規流通扱いされている模様です。逆に某・量販店などでは「並行輸入品です」と明言して、メーカー保証ではなく、店独自の保証を付けているケースがありました。

 少しでも安く買いたい。だけど並行輸入品だとアフターサポートが気になる──そんなこんなで色々迷ったのですが、筆者は結局、大丸東京店3階の時計売り場にある「time + style」で買いました。フォッシル公式サイトでも、取扱店として正式に紹介されていますし、なにより実物をきちんと試着できたのが助かりました。いやファッションブランドにおけるスマートウォッチって傍流も傍流で、そもそも展示されてないとすら想像していたものですから。

 応対してくれた店員さんもさすがの知識量。おかげで「直径45mmだとちょっと大きすぎない?」という不安も払拭できました。直営店は、都心部ですと原宿明治通り店、ダイバーシティ東京プラザ店(お台場)があるそうなので、気になる方はちょっと覗いてみるのもいいのではないでしょうか? 現状、Wear OS採用スマートウォッチの発売元はかなり限られていますので、選択肢として十分考慮すべきブランドかと思います。

 今回は買い方の話が中心になってしまいましたが、次回以降はスペックや実際の使い勝手などもお伝えしていきます。



製品パッケージ

スクリーンショットはこんな感じ



コメントを残す