スティーブン・ホーキング博士の遺品がオークションに。車椅子やアニメの … – ギズモード・ジャパン

Home » オークション » スティーブン・ホーキング博士の遺品がオークションに。車椅子やアニメの … – ギズモード・ジャパン
オークション コメントはまだありません



どんな人たちが競り落とすのでしょうか?

オークション・ハウスのクリスティーズが、今年3月に亡くなった理論物理学者スティーブン・ホーキング博士にちなんだ愛用品22アイテムを、競売に出すと発表しました。

この中には、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と戦っていた博士が使っていた、初期の電動車椅子もあるとのこと。オークションは「On the Shoulders of Giants: Newton, Darwin, Einstein, Hawking」という、人類が生んだ科学者たちの手書きメモや手紙などを扱うひとつのテーマの下に開催されます。

なお、開催は10月30日ロンドンにて、入札は11月8日まで受け付けます。

気になるものばかり

出品アイテムには博士の論文やポートレイト写真や書籍などもあるのですが……車椅子のほかに愛用していたボンバー・ジャケット、受賞メダル、そして気になるのがアニメ『ザ・シンプソンズ』に出演したときの台本も出品されるみたい。ご本人のセリフには、蛍光ペンでハイライトもされており、実際に使われたこともわかります。

車椅子は1988年のもので、2万ドル(約225万円)が期待されています。受賞メダルは1975年と1999年に贈られたもので、『ホーキング、宇宙を語る』の拇印によるサイン本も並びます。そして博士が2009年に開催したパーティー、「A Reception For Time Travelers」の招待状を額装したものも。これは4次元を移動できる時間旅行者のみ、開催後に招待されたので、出席者ゼロだったという幻のパーティーなんです。シャレシャレ。

ほかには1965年に博士号を取るべく書かれた論文、『Properties of Expanding Universes』も登場します。これはこの世に5冊しかない内のひとつ。しかも手書きのサインと方程式が綴られている、超貴重な1冊なのです。完成させたのはALS発症後で、奥さんによるタイピングで書き上げたとのことです。これは13万~20万ドル(約1,460万円~2,250万円)で競り落とされるだろう、と見られています。

売り上げの行く先

一部の収益は、The Stephen Hawking Foundation寄付されます。これは宇宙論や天体物理学、素粒子物理学、そしてALS患者などをサポートする運動ニューロン疾患協会(MND協会)に関わる人々を支援する団体です。

できれば、こうした貴重なアイテムは個人蔵ではなく、大学や博物館など人目に触れる場所に収蔵/展示されると良いですよね。おそらく博士ご本人も、それを望まれることでしょうし。

そしていつか、博士が歌う『Galaxy Song』を聞きながら巡礼ツアーにでも出かけてみたいものです。

Source: AP, CHRISTIE’S, The Stephen Hawking Foundation





コメントを残す