ホンダ新型「インサイト」は今冬発売! 3度目の復活で打倒プリウスなるか – Yahoo!ニュース 個人

Home » ショップ » 自動車 » ホンダ新型「インサイト」は今冬発売! 3度目の復活で打倒プリウスなるか – Yahoo!ニュース 個人
自動車 コメントはまだありません



1999年に世界最高の超低燃費を達成したホンダ「インサイト」とは?

 2018年夏に米国で販売を開始したホンダのハイブリッド車「インサイト」。日本では、同年秋より発売を予定しています。新型「インサイト」の発売を前に初代モデル、2代目モデルの功績を振り返ってみましょう。

歴代「インサイト」の詳細を画像で見る(12枚)

 1999年11月に初代「インサイト」は誕生しました。当時の量産ガソリン車として世界最高の超低燃費35km/L(10・15モード)を実現することで話題をさらったホンダのハイブリッド車です。

 車名である「インサイト」の意味を調べると「洞察力」、「見抜く力」というものが含まれていますが、このモデルではハイブリッドカーの本格的な普及という新しい時代の到来を洞察するクルマとして開発されています。

 優れた燃費を実現するために、空力性能を最優先に基本形状を設計した先進的でスポーティなスタイリングや、2シーターで820kg(5MT)という超軽量な車重が実現。

 パワートレインは、1リッター・リーンバーンVTECエンジンを主動力とし、薄型DCブラシレスモーターを補助動力として使用することで、2000年には当時のガソリンエンジン部門のギネスブック記録である30.42km/Lを大幅に上回る36.33km/Lという燃費記録も樹立。初代「インサイト」は、モーターとバッテリーなどを追加するだけのシンプルな機構である「パラレル方式」を採用しています。

 その後、2004年にはアンダーカバーの装着でメーカー公表燃費が36km/Lへと向上されるなど、改善が図られた初代「インサイト」ですが、2009年には世界のモーターショーで新型のコンセプトモデルを発表。同年に2代目へとバトンを渡すこととなります。

 また、初代「インサイト」の初期モデルは新車価格211万円でしたが、現在の中古車相場は約25万円から100万円となり、現存する台数もかなり少なくなっているようです。

5ドアハッチバックとして生まれ変わった2代目「インサイト」

 2009年2月に登場した2代目「インサイト」では、1997年に登場したライバル車、トヨタの4ドアセダン「プリウス」に対抗すべく、車体のパッケージをそれまでの2シーターから5ドアハッチバックへと変更。同時に販売価格も初代より22万円リースナブルな189万円に設定しました。

 このモデルでは、初代のハイブリッド・システムと同様の「パラレル方式」を採用しつつも、そのパワートレインを1.3リッター・i-VTECエンジン+IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を採用することで、燃費30km/L(10・15モード)を達成。5ドアハッチバックとすることで初代より約400kg近く重くなった車体ながらも、当時のガソリン車としては高い燃費水準に留められました。
 
 その結果、発売から1ヶ月で月間販売計画5000台の3倍以上の約1万8000台を受注した2代目「インサイト」は『2009年-2010年 日本自動車殿堂カーオブザイヤー』や『2010年 RJCカー・オブ・ザ・イヤー』など、数々の賞を受賞し、発売から一年後には国内累計販売10万台を記録しています。
 
 2011年には、マイナーチェンジにより1.5リッターエンジン搭載の「インサイト エクスクルーシブ」を追加。ライバル車のトヨタ「プリウス」は、10・15モードで燃費35.5km/Lだったのに対し、「インサイト」は31km/L(エクスクルーシブでは26.5km/L)と僅かばかり及ばず、徐々にその差を離されていくこととなります。

 なお、2代目「インサイト」の中古相場は、走行距離の多いものでは10万円台、程度の良い車両では100万円前後の値段がつけられています。

【関連記事】



コメントを残す