ベトナム人の「親日」はいつまで続くのか? – WEDGE Infinity

Home » ショップ » ブランド品 » ベトナム人の「親日」はいつまで続くのか? – WEDGE Infinity
ブランド品 コメントはまだありません



WEDGE REPORT

2018年10月13日

»著者プロフィール

閉じる

出井康博 (いでい・やすひろ)

ジャーナリスト

1965年、岡山県に生まれる。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業。英字紙「ニッケイ・ウイークリー」記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)客員研究員を経て、フリー。著書には、『ルポ ニッポン絶望工場』(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)などがある。

[執筆記事]

日本から持ち込まれた品物を売る専門商店(筆者撮影、以下同)


 ベトナムで日本への「出稼ぎブーム」が起きている背景には、この国がアジアでも有数の「親日国」という事情もある。ベトナム人にとって日本は、まさに“ブランド”と呼べる存在だ。首都ハノイの街中では、日本語の看板を頻繁に見かける。そして何より驚くのは、「日本製」の製品に対する異様なまでの人気である。


 ハノイの空の玄関口、ノイバイ国際空港——。午後8時、東京から到着したベトナム人の客室乗務員が皆、大きなスーツケースを引きずって手荷物受取場から去っていく。


 通常、客室乗務員の荷物は多くない。気になって近づいてみると、1人の乗務員が荷物でいっぱいのスーツケースを開いていた。中には「粉ミルク」の缶が並んでいる。明らかに日本で調達したのである。事情に詳しい日本人ビジネスマンが解説してくれた。


衰え知らずの日本製品人気


 「客室乗務員が“運び屋”のアルバイトをしているんですよ。知り合いなどから頼まれた品物を日本で調達し、1キロいくらでベトナムへと持ち込む。私も友人の客室乗務員に日本からベトナムへ荷物を運んでもらったことがある。そのときの相場は1キロ6ドル(約700円)でした。皆、運び屋をやって給与以上の収入を得ているのです」


店先に置かれた客室乗務員用のスーツケース


 ベトナム人客室乗務員には以前、同胞が日本で盗んだ「ユニクロ」の”運び屋”となって

逮捕された者がいた。まさか今も盗品が運ばれているとは思わないが、乗務員たちのアルバイトは続いているようだ。それもベトナムで「日本製」が人気だからである。


 日本からの“運び屋”は、何も客室乗務員に限った話ではない。留学生らも母国へ帰国する際は、当たり前のように制限いっぱいの手荷物を持参する。


 そうして日本から持ち込まれた品物の一部は、ハノイ市内だけでもいくつもある専門の商店で売られる。うちの1軒を訪ねると、空港で目にした客室乗務員用のスーツケースが店先に置いてあった。案内してくれたベトナム人の事情通によれば、日本直送の「正規品」であることをアピールしているのだという。


 「ベトナムで人気の日本製の粉ミルクなどは、中国製のものに中身を入れ替えて販売されたりしますからね。とにかく正規の『日本製』ということが重要なんです」


 店内には様々な商品が並んでいる。「コカコーラ」の缶から健康食品や化粧品、衣類まであって、まるで小さな「ドン・キホーテ」状態だ。一角には、中古の扇風機まで飾ってある。日本では見かけなくなった20〜30年前の代物だ。店員に尋ねると、こんな答えが返ってきた。






コメントを残す