オランダ、再生プラスチックで作った「自転車道路」登場 – Yahoo!ニュース 個人

Home » リサイクル » オランダ、再生プラスチックで作った「自転車道路」登場 – Yahoo!ニュース 個人
リサイクル コメントはまだありません



 オランダのズヴォレ市にリサイクルプラスチックで作られた自転車専用道路が2018年9月に登場した。名前も「PlasticRoad」と名付けられており、全長30メートルで、218000個のプラスチックカップと50万個のペットボトルの蓋(ふた)がリサイクルされて道路になった。

(PlasticRoad提供)
(PlasticRoad提供)
(PlasticRoad提供)
(PlasticRoad提供)

 オランダではこれからもリサイクルプラスチックを道路建設に活用していく予定で、2018年11月にはオランダのヒートホールンでも導入予定。自転車道路以外にも駐車場や駅のホームなどにも活用できないか検討している。最終的には100%リサイクルプラスチックを活用して道路を作っていくことを目指している。

 オランダの建設会社KWS、プラスチックメーカーWavin、石油う会社Totalで「PlasticRoad」の開発を行って来た。リサイクルプラスチックのため、軽量だから道路建設時に地盤への負荷が少なく、道路の下の空洞を排水溝として活用できるので、洪水防止にもなる。またCO2排出量削減にも貢献。

 現在、全世界で毎年3億5000万トンのプラスチックが消費されているが、多くがリサイクルされずに埋めたてられるか焼却処分されている。欧州でもプラスチックのリサイクル率は7%程度。

▼「PlasticRoad」登場を伝える現地のニュース

▼KWSが公開しているリサイクルプラスチックでの道路建設のコンセプト動画



コメントを残す