写真で見る ホンダアクセス「S660 Neo Classic KIT」 – Car Watch

Home » ショップ » 自動車 » 写真で見る ホンダアクセス「S660 Neo Classic KIT」 – Car Watch
自動車 コメントはまだありません



S660 Neo Classic

 本田技研工業「S660」はミッドシップ・オープン2シーターの軽自動車。手ごろなサイズ感と軽自動車ならではの維持費の安さ、それに加えて走りも本格派とあって、多くのファンを生み出している人気モデルだ。

 今回紹介する「S660 Neo Classic」は、S660をベースにホンダアクセスの手によるエクステリアパーツでカスタマイズ。丸目2灯のフロントマスクによりクラシカルなムードを演出しているのが特徴。2016年の東京オートサロン 2016において「S660 Neo Classic Concept」として初公開された後、2017年にはより進化を遂げ「S660 Neo Classic Prototype」として再登場。そして2018年に満を持して製品化が実現したワケだ。

 ただし、ホンダアクセスがリリースする「S660 Modulo X」のようなコンプリートモデルではなく、未塗装のFRP製の外装部品とライト類などで構成される「S660 Neo Classic KIT」としてのリリース。つまりS660車両本体は別売りとなる。

 同キットの販売はホンダユーテック オートテラス店の3店舗(オートテラス城北、オートテラス鈴鹿東、オートテラス筑紫野)のみとなっており、中古車をベースにキットを装着し、“Honda認定中古車「S660 Neo Classic」”として販売される。また、S660オーナーが車両を持ち込んで当該店舗でキットを装着し、Neo Classic化することも可能だ。

 キットの価格は129万6000円。加えて塗装費用や装着工賃も別途必要。また、一部純正アクセサリーとの同時装着ができないため、該当パーツを装着している場合は取り外し、またはノーマルに戻すといった作業も必要となる。



ドアとウィンドウ以外はほぼ全体のパーツを交換するが、ボディサイズは軽自動車枠に収まる。撮影車両のベースモデルはαグレード

前後フードを開けた状態

ベースモデルから一転、ファニーなイメージのフロントマスクに

ボンネット裏

フロントフェンダーの取り付け状態

ヘッドライトまわり。フェンダーとグリルの上にバンパーが被さる構造

フロントマスクとフロントフェンダー

タイヤ&ホイールは純正のまま

エアインレット部分に車名バッヂが付く

左右フェンダーとフューエルリッド。給油口まわりもキレイに仕上げられている

リアには透明のポリカーボネート製のウィンドウを配置。エンジンフードを開ける場合は室内側から矢印部分に手を入れてラッチを外す必要がある

エンジンフードまわりの塗り分け。こちらはカッティングシートが使われている

エンジンフードのスリットは横から縦に変わっている

つるんとした感じのリアまわり。ベースは無塗装なので2トーンなどに塗り分ける場合はセンスが問われそうだ

ヘッドライトの点灯パターン

リアコンビネーションランプまわりの点灯パターン。ウインカーが下向きの三角形になっているのが面白い

今回のキットにはインテリアパーツは含まれていないが、一部にオプションパーツが装着されている

ステアリングは純正のまま

チタン製シフトノブとサイドブレーキカバーはともにホンダアクセス製

撮影車両はプレミアムスターホワイト・パールのαグレードで選択できた「アシンメトリーカラー」のシート表皮。ベース車両の違いを活かしたカスタマイズはキット販売ならではのメリット



コメントを残す