アルトナーは売り一巡して反発期待、19年1月期2桁増益予想 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » アルトナーは売り一巡して反発期待、19年1月期2桁増益予想 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



 アルトナー<2163>(東1)は、輸送用機器や電気機器分野を中心として、設計開発・ソフトウェア開発の技術者派遣事業を展開している。需要が高水準に推移して19年1月期2桁増益予想である。株価は地合い悪化も影響して上値を切り下げる展開だが、売り一巡して出直りを期待したい。

■技術者派遣事業を展開


 輸送用機器や電気機器などの分野を中心として、機械設計開発、電気・電子設計開発、ソフトウェア開発の技術者派遣事業(常用型、登録型)および請負・受託事業を展開している。

■19年1月期2桁増益予想で2Q累計順調


 19年1月期非連結業績予想は、売上高が18年1月期比7.0%増の61億70百万円、営業利益が12.8%増の7億68百万円、経常利益が11.8%増の7億72百万円、純利益が10.5%増の5億31百万円としている。
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比9.0%増の30億84百万円、営業利益が8.0%増の3億94百万円、経常利益が8.1%増の4億01百万円、純利益が7.5%増の2億75百万円だった。自動車・自動車部品・電機メーカーを中心に技術者要請が増加し、技術者派遣事業における稼働人員の増加、技術者単価の上昇で増収増益だった。

 第2四半期累計の進捗率は売上高50.0%、営業利益51.3%と順調である。需要が高水準に推移して通期ベースでも好業績が期待される。

■株価は売り一巡して反発期待


 株価(18年4月1日付で株式2分割、18年7月3日付で東証2部から東証1部に市場変更)は、第2四半期累計業績にネガティブ反応となり、さらに直近では地合い悪化も影響して上値を切り下げる展開だが、売られ過ぎ感を強めている。

 10月11日の終値は949円、今期予想PERは約19倍、時価総額は約101億円である。売り一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す