【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 10/12 – AdGang

Home » リユース » 【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 10/12 – AdGang
リユース コメントはまだありません



直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、福島民報/福島県、岡山県笹岡市、ロクシタンジャポン、ブックオフ、資生堂薬品の5つの事例をご紹介。

1:手紙として郵送できる新聞「おくる福島民報」(福島民報/福島県)

福島民報と福島県は、福島県民の日(8月21日)に、県外にいる県民宛に故郷の新聞を、購読者の手から贈ることができる「おくる福島民報」を実施。9月30日(日)から、本企画の実施の様子をまとめたドキュメントムービーを公開。本企画は、紙面を折りたたんで、本紙を包めば手紙の形に早変わりするというシンプルなもの。故郷・福島の情報が詰まった新聞に、手書きのメッセージも添えて、ポストに投函できる仕組みだ。進学や就職、あるいは震災後の思わぬ事情で、この日を福島で過ごせない県民たちが、紙面を通じて“里帰り”できる新聞となっている。

2:住みやすさや子育てのしやすさを発見できる!「間違イイ探し」ポスター(岡山県笹岡市)

人口減少で、将来の存続が危ぶまれるとされる「消滅可能性都市」と言われている岡山県笹岡市では、市の魅力を知ってもらい「定住するまち」としての認識を広めることを目的とし、間違い探しを楽しむことでまちのイイところがわかる「間違イイ探し(=まちがイイ)」ポスターを発表。本ポスターは、1つのポスターに間違いが5つあり、間違い探しを楽しみながら、まちの良さを伝えるもの。今年度は第4弾まで作成し、計20個の「まちがイイ!」を伝え、JR駅構内、笠岡市内の各施設に掲出していく。

また、第1弾 「新築、ルンルン♪編」では、間違え探しの答えとなる【新築の家から家族が手を振っている】とともに、「家を新築すると笠岡市からドーンと100万円交付!子どもがいる世帯には1人につき10万円を加算!住宅新築助成金がイイ!」などと、生活や子育てに関する魅力的な情報をポスターの下部に紹介している。

3:ロクシタンの世界観をドキュメンタリータッチに描いたブランドムービー(ロクシタンジャポン)

ロクシタンジャポンは10月11日(木)、ロクシタン初のブランドアンバサダーとなる女優の石橋静河さんの就任式および、世界中で高い評価を受ける映画監督の河瀬直美さんによるブランドムービー「The True Stories of L’OCCITANE」の完成披露試写会を東京ミッドタウン 芝生広場で実施。このムービーでは、女優・石橋静河さんと、映画監督・河瀬直美さんが共にプロヴァンスを訪問し、大地に根ざした豊かな暮らしに触れる内容を公開。同ブランドのTRUE STORYや価値観などが、まるで短編映画のように描かれている。

また、10月14日(日)まで開催する「L’OCCITANE BALLOON JOURNEY〜バルーンに乗って、ロクシタンの世界を旅しよう。〜」が、東京ミッドタウン 芝生広場にてスタート。ムービー内にも登場する巨大バルーンが登場する等、同ブランドの世界観を体感できる様々なコンテンツが展開される。

4:読書好きな女子中学生と、「本」とのエピソードを描いたハートフルなWebムービー(ブックオフ)

ブックオフコーポレーションは、1ヵ月に1冊も本を読まない人が47.5%などという“日本人の本離れ”の現状を打破すべく、読書の秋にちなみ、書籍のリユースに関する動画をWebとTVCMにて公開。読書がもたらす魅力や、思春期や成長過程における読書の価値、リユースの大切さをメッセージしていく。

本ストーリーでは、学校であまり目立たない存在の読書好きなチナツと、一方で雑誌モデルもこなす学校でも華やかな存在のサトコが主人公。ふたりは、新学年を機に同じクラスになり仲良くなっていくが、ある日、些細なことで仲違いをしてしまい、チナツは大きく落ち込む…。そんな中、チナツは、ふたりを結びつけていた「ある偶然」に気づくという展開だ。十代のみずみずしい毎日をより臨場感をもって描きながら、「本」とのエピソードを描いたハートフルな内容となっている。

5:日本初!? 唇をアゲる専門学校「モアリップスクール」がWeb上で開校(資生堂薬品)

モアリップスクール

資生堂薬品は、“唇あれ、ひびわれに効く”医薬品リップクリーム「モアリップ」(第3類医薬品)のプロモーションとして、WEBコンテンツ「モアリップスクール」を9月28日(金)より開校。日本初!?の唇の魅力をより多くの人に知ってもらうために開校した「モアリップスクール」の生徒代表には、ヒップホップアイドルユニット・lyrical schoolが就任。本コンテンツの動画内では、「モアリップ♪モアリップ♪第3類医薬品〜♪」と商品の魅力をラップにのせて届ける校歌を歌っている。

また期間中スクールでは、「国語」「美術」「音楽」の3コマを開講。1限目の「国語」には、「モアリップの校歌」の作詞作曲を手がけたALI-KICKさんが教壇に立ち「ラップの作り方、歌詞について」レクチャー。また、ボディペイントアーティスト・チョーヒカルさんが講師を務める「美術〜“唇を魅力的に彩る”リップアート〜」授業や、「音楽〜リリカルスクールが出演する卒業ソングPV〜」なども順次公開。



AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。



コメントを残す