スポット約定量、間接オークション開始で1.5倍に/JEPX – 電気新聞

Home » オークション » スポット約定量、間接オークション開始で1.5倍に/JEPX – 電気新聞
オークション コメントはまだありません



◆四国で史上最安値も
 1日から連系線利用ルールが先着優先から間接オークションに変更され、日本卸電力取引所(JEPX)が運営するスポット市場の約定量は約1.5倍に拡大した。同日受け渡しの約定量は6億5499万150キロワット時で、全国の需要電力量に占めるスポット約定量の割合は約3割とみられる。同日は分断中の四国エリアで史上最安値をつけるなど多少の混乱もあったもよう。
 1日から連系線利用枠の事前予約は廃止され、エリアをまたぐ電力の受け渡しは全てスポット市場を介して行われることになった。

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください





コメントを残す