富士ソフトサービスビューロは東証2部への移籍など好感されて高値に迫る – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » 富士ソフトサービスビューロは東証2部への移籍など好感されて高値に迫る – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■10月5日売買分から市場変更、連続最高益を更新する見込み。


 富士ソフトサービスビューロ<6188>(JQS)は10月1日の後場、8%高の1057円(77円高)で始まり、株式分割など調整後の上場来高値1189円(2018年4月4日)に迫っている。9月28日、東京証券取引所の承認を受けて10月5日売買分から東証2部に市場変更すると発表。材料視されている。

 年金にかかわる電話照会対応業務をはじめ、各種コールセンター、事務処理業務、データエントリー業務等、専門性の高いさまざまなBPO業務に実績があり、業績は営業利益や純利益が連続して最高を更新する見込み。業績が好調なため、材料に対する株価の反応も良好な印象がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す