伊藤忠商事は業績・配当見通し増額と自己株消却が好感され後場急動意 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » 伊藤忠商事は業績・配当見通し増額と自己株消却が好感され後場急動意 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■3月期末配当は従来予想を9円増額して46円の見込みに


 伊藤忠商事<8001>(東1)は10月1日、13時過ぎから急動意となり、14時にかけて8%高の2245.0円(165.0)まで上げ、大手商社株の中でも目立ってあげている。13時、今期・2019年3月期の連結純利益(国際会計基準)と期末配当の見通しを増額修正して発表し、同時に自己株式の消却も発表。注目されている。

 基礎収益が順調に積み上がっていることなどを要因として、3月通期の連結純利益の見通しは従来予想を11%増額して5000億円の見込みとし、期末配当は従来予想を9円増額して46円の見込みとした。前年同期の実績は38円。年間では前期比13円増配し83円の見込みになる。また、自己株式の消却は、発行済み株式総数の4.69%分の自社株式を10月19日付で償却するとした(HC) (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す