ハウスドゥが名古屋支店を開設、東海エリアのハブ機能としての役割を担う – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » ハウスドゥが名古屋支店を開設、東海エリアのハブ機能としての役割を担う – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■家・不動産買取専門の「ハウスドゥ!名古屋西店を同時に移転併設


 ハウスドゥは10月1日、業容拡大にともなう体制整備に向け、同日付で名古屋支店を開設したと発表した。

 名古屋支店の開設は、東海エリアのハブ機能としての役割を目的としている。これまで、同エリアの顧客やフランチャイズ加盟店への対応は東京本社、京都本店を中心に行ってきたが、同エリアに拠点を開設することで、お客様のニーズに迅速な対応ができる体制の整備、全国で最も店舗数の多い東海エリアの加盟店向け研修、フランチャイズ事業の加盟開発セミナー会場の確保、並びに採用強化を目的とした活動拠点の機能を担う。

 また、「ハウスドゥ!」の家・不動産買取専門店・名古屋西店を同時に移転併設し、相乗効果による事業の拡大を見込む。

【株式会社ハウスドゥ名古屋支店】(および、ハウスドゥ!家・不動産買取専門店・名古屋西店):愛知県名古屋市西区菊井 2-19-11 大興クレアシオン 4F。TEL:052-589-9343 FAX:052-589-9344。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す