オプティマスグループは調整一巡して反発期待、19年3月期2桁増収増益・大幅増配予想 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » オプティマスグループは調整一巡して反発期待、19年3月期2桁増収増益・大幅増配予想 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



 オプティマスグループ<9268>(東2)は、ニュージーランド向け中古自動車輸出を主力としている。19年3月期は2桁増収増益予想である。8月17日には固定資産譲渡に伴う特別利益計上で純利益を増額修正している。配当も大幅増配予想である。株価は8月の戻り高値から反落したが、調整一巡して反発を期待したい。

■ニュージーランド向け中古自動車輸出が主力


 17年12月東証2部に新規上場した。中古自動車を日本から海外(ニュージーランド向け主力に30カ国以上)に輸出している。貿易、物流、ニュージーランドにおける輸入手続サービス、検査まで総合的に展開している。

■19年3月期2桁増収増益・大幅増配予想


 19年3月期連結業績予想(8月17日に純利益を増額修正)は、売上高が18年3月期比11.6%増の291億69百万円、営業利益が31.2%増の15億88百万円、経常利益が21.1%増の16億10百万円、純利益が65.3%増の15億03百万円としている。

 2桁増収増益予想である。貿易事業にける販売単価の引き上げ、サービス事業の拡大に加えて、18年2月に発見されたカメムシ問題で高収益の物流事業と検査事業が影響を受けた特殊要因が一巡することも寄与する。純利益は固定資産(本社ビル)譲渡(19年3月29日引き渡し予定)に伴う特別利益計上も寄与する。なお配当予想は31円増配の年間57円(第2四半期末27円、期末30円)としている。

 第1四半期は売上高が73億72百万円、営業利益が4億11百万円で、通期予想に対する進捗率は売上高が25.3%、営業利益が25.9%と順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。

■株価は調整一巡して反発期待


 株価は8月20日の戻り高値2371円から反落したが、1900円台で推移して調整一巡感を強めている。9月28日の終値は1964円、今期予想連結PERは約7倍、時価総額は約105億円である。調整一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す