マンション内宅配に配送ロボ、21年度サービス開始 – LogisticsToday

Home » ショップ » 医療機器・介護用品 » マンション内宅配に配送ロボ、21年度サービス開始 – LogisticsToday
医療機器・介護用品 コメントはまだありません



話題アイホン、日立製作所、日立ビルシステム、フルタイムシステムの4社は28日、配送ロボットを用いたマンション内宅配システムを開発し、2021年度のサービス化を目指すと発表した。

具体的には、マンションのエントランス付近に専用の受付ユニットを設け、居住者が希望するタイミングで配送ロボットが宅配物を玄関前まで届けるサービスの実現を目指す。これにより、居住者の利便性向上と再配達問題の解消につなげる。

マンションでは、再配達を削減する手段として宅配ボックスの普及が進みつつあるものの、ボックス内の荷物が数日間滞留することで満杯になったり、荷物の重さによって居住者がエントランス付近の宅配ボックスから自宅まで運ぶことが負担になったりするケースが発生している。

今回の取り組みでは、エントランス付近に専用の受付・保管システム付フルタイムロッカー(宅配ボックス)を設置。宅配業者が受付ユニットに荷物を預け入れると保管ユニットに収納され、一時保管する。

着荷情報は居住者のスマートフォンに専用アプリで通知し、住戸内インターホンの画面にも表示。居住者がインターホンから配達依頼を出すと、荷物をフルタイムロッカーから取り出し、配送ロボットが館内を移動して玄関前まで届け、インターホンを呼び出す。

フルタイムシステムが受付ユニット、居住者用アプリ、アイホンが住戸内インターホンでの表示・呼び出し機能、日立、日立ビルシステムがエレベーターやインターホンシステムと宅配ボックスを連動させるシステムをもとにした、配送ロボットの制御システムを担当する。

配送ロボットは、工場向けなどで実用化されている製品を活用する。4社は21年度のサービス化を目指し、新築マンション向けに提案していく。





コメントを残す