“貯金1億円投資術”100万円が2倍3倍5倍|BIGLOBEニュース – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » 絵画・美術品 » “貯金1億円投資術”100万円が2倍3倍5倍|BIGLOBEニュース – BIGLOBEニュース
絵画・美術品 コメントはまだありません



成長株を買って億万長者になった、なんてうらやましい話があるが、投資は何も株だけではない。素人でも手軽に楽しみながらできる投資術を伝授する。

■投資の3条件「安い手数料、毎月積み立て、再投資型」

難しそう、手間がかかりそう、リスクが怖いなどのイメージから、金融商品への投資を躊躇している人も多いだろう。確かに、世の中にはたくさんの金融商品があふれており、知識がなければ手を出しにくい雰囲気ではある。

写真=iStock.com/AndreyPopov

しかし、初心者であってもやり方次第で、資金を定期預金においておくよりも効率的に増やすことができるものもある。なかでも、すぐに始めやすいのが「投資信託」だ。

投資信託とは、投資家から集めたお金を投資のプロであるファンドマネジャーが運用し、その成果に応じて収益を投資家に分配するというもの。株式のように自分で銘柄を選んだり、値動きに応じて自ら売買を行ったりする必要はない。最初に購入する投資信託を決めてしまえば、その後はほったらかしておいても問題ない。「勝手にお金が成長する仕組み」が簡単につくれるというわけだ。

著書『はじめての人のための3000円投資生活』が人気を呼んでいるファイナンシャルプランナーの横山光昭氏は、自身も投資信託を購入し、約10年で利率3%以上の成績を上げているという。その独自の投資法について聞いたところ、3つのポイントを教えてくれた。

「まず手数料が安いこと。これが大前提です。加えて毎月積み立てで購入すること、そして再投資型であること。この3つが基本です」(横山氏)

手数料を安く抑えるために横山氏が推奨するのは「インデックスファンド」だ。「日経平均株価」「TOPIX」など市場平均(ベンチマーク)と同じような動きをするファンドで、自動的に投資先が選ばれるため、手数料が安く抑えられる。では、インデックスファンドなら、どんなものでもいいのか。

「インデックスファンドを買う場合は、外国株式、日本株式、外国債券、日本債券の4つをそれぞれ買って分散投資することが鉄則となります。基本的に反対の値動きをする株式と債券を同時に持つことでリスク分散でき、長期運用しやすくなるからです」(同)

一般的に、外国株式、日本株式、外国債券、日本債券の順にハイリスク、ハイリターンだと言われている。利率3%を目指すなら、少しリスクをとった株式60%:債券40%という形が望ましいと横山氏は言う。

「私が思う理想のポートフォリオは、国内株式投信30%、先進国株式投信30%、国内債券投信20%、先進国債券投信20%という割合です。時間が経つと保有比率が変わってくるので、必要に応じて修正することが大事です」

自分でポートフォリオを管理するのが難しい場合は、バランス型の投資信託を買ってもいい。若干手数料が高くなるきらいがあるが、様々な商品がバランスよくパッケージされているため、投資に時間が割けない人にうってつけの商品だ。

また、横山氏は「毎月、一定額を積み立てていく」投資方法を推奨している。積み立てをするメリットは、少額からでも始められること、タイミングを気にせずに自動的に購入できることがある。

3つ目のポイントの再投資型とは、生み出した投資信託の利益を分配せず、そのまま同じ投資信託で運用する仕組みのこと。毎月分配型より、複利効果が期待できる。

■元本100万円、月5万積み立てで、30年後に1億円

では、実際に投資を行うとどうなるか。ここでは、元手が100万円で、年利3%の投資信託に月々5000円を積み立てた場合を考えてみた。20年間積み立てた結果の実績をまとめたものが、表だ。10年間で約200万円となり、開始時の元手から倍以上になっているのがおわかりだろう。

3%の年率で5000円を積み立てると、10年で100万円が約200万円と2倍以上になる。20年では約350万円と約3.5倍になる計算だ。

低金利の世の中で、年利3%というと、実現が難しい数字のように思えるが、楽天証券などで扱っている「世界経済インデックスファンド」というバランス型ファンドの2017年3月までの年利実績は9.3%。リーマンショック後の2009年1月から始まったとはいえ、かなりの好成績だ。

では、1億円を目指すとすればどうか。仮に年率9.3%だとしたら、100万円の元本で月5万円ずつ積み立てをすると、およそ30年後には1億円になるという計算になる。まさに、複利と積み立ての賜物だと言えよう。

▼投資信託

インデックス・ファンドを株式6:債券4の割合で


●投資のポイント

・手数料が安い

・積み立てていく

・再投資型である

・株式と債券をバランスよく

■今、何千万円もする美術品も十数年前は数百万円で買えた

投資対象は、何も金融商品に限らない。世界的な金余りの余波を受け、「アート」「コイン」「レコード」なども、富裕層の投資対象になっている。投資目的で購入する場合の注意点をプロに伺った。

海外からも高い評価を受ける草間彌生。(AFLO=写真)

まずはアート。茶道具を中心に多くの美術品を扱う北山美術の藤生洋氏によると、現在、価格の面で突飛高なのは「現代アート」と「中国の美術品」だという。例えば国内外で高い評価を受ける現代アート作家の草間彌生。1990年代にはサムホールサイズ(22.7cm×15.8cm)で10万円くらいだった作品が、現在では1000万円はくだらないという。

「現代美術の中でも抽象画家の白髪一雄、画家で絵本作家の元永定正といった『具体美術』と呼ばれるジャンルの人たちは総じて上がっています。海外だと、バスキアやアンディ・ウォーホル。バスキアは、スタートトゥデイの代表・前澤友作氏が123億円で落札して話題になりました。ウォーホルの作品が100億円で取引された例もあります。驚くほどの高値ですが、今だと何千万円もする作品も、十数年前は数百万円で買えたものも多いのです。日本の現代アートは、ウォーホルやバスキアに比べたら、まだ割安という声もあります」(藤生氏)

「中国の美術品」の値段が上がっているのには理由がある。

「中国との関係が密接だった日本には、中国の貴重な骨董品や美術品が流れているんです。7、8年前から中国人のディーラーがそれを買い戻しにきているため、ここ最近、高値で取引されるケースが増えています。例えば100万円で売買されていた掛け軸が1億円で売れたりすることもありますよ」(同)

次なる目の付けどころとしては、ベトナムやラオス、バングラデシュなどの発展途上国のアンティーク。中国の美術品の値段が上がったのと同じ現象が起こる可能性は高い。

日本の陶磁器では、柿右衛門など素人でもわかる綺麗さを持つもの、名前が有名なもの、作者が文化勲章受章など権威があるものは、時間がたっても値段が下がらない可能性があるとか。

「人気の陶磁器は株の動きと連動しますから、株安のときに購入すると値上がりするかもしれません。いずれにせよ、美術品は値段が上がらなくても持っていて楽しいと思えるものを買ったほうがいいと思います」(同)

▼アート

現代美術と中国の美術品が高騰


●草間彌生の「アート作品」の値段

・90年代/10万円

・2010年/200万円

・2012年/100万円

・2014年/1000万円←2年で10倍に

・2017年/1000万円

草間彌生の作品(サムホールサイズ)の値段の推移。約25年間で100倍に値段が跳ね上がっている。日本の現代アートの作家が世界で高く評価されたことが背景にある。


●投資のポイント

・素人でもわかる綺麗さ

・誰でも知っている名前

・権威がある

・若い層に需要がある

■有名コイン、10年前は500万円前後だったが今は2500万円

国内外問わず、根強い人気を誇るコイン。

「以前は歴史好きや、コインそのものの持つ味わいが好きという方がコレクターの中心でしたが、ここ最近は海外、特に欧米を中心にコインを投資対象として考える人が増えています」(銀座コイン・竹内俊夫氏)

その魅力は、コインが持つ特殊性だと言われる。

「過去のものですから、現物が増えるようなことはありません。次に小さいので持ち運びが便利。災害時でもポケットに入れて持って逃げられます。そして、国際性が強い品物であるということ。世界中にコインディーラーは大勢いますし、オークションも活発に行われています」(同)

自身も銀座コインオークションを主宰する竹内氏。コインの評価(値段)を決めるポイントは次の3つだという。1つは「数」。少ないほど希少価値が高く、値段は上がる。2つ目が「状態」。そして3つ目が「人気」だ。

「人気があるものは、デザインが優れているケースが多いですね。例えばイギリスのコインは歴代の国王の肖像と紋章が入っていたりして、見ても楽しめる芸術性の高いものです」(同)

銀座コイン=写真提供

これまでで最も値上がりしたと言われるコインが、ヴィクトリア女王時代の1839年に発行された5ポンド金貨。表はヴィクトリア女王の肖像で、裏にウナとライオンが描かれており、世界一美しく、人気があると言われている。

「このコインは発行数が400枚程度で希少性が高いんです。10年前は500万円前後で取引されましたが、今なら状態がすごくいいものであれば、2500万円はするでしょうね」(同)

この金貨は別格だが、数百万円で購入でき、価格が上がる可能性が高いものとして、竹内氏は以下を挙げてくれた。

「主要国の金貨や銀貨の中にはそういったものが多いですね。例えばスイスで1925年に発行された『アルプスの少女の100フラン金貨』、イタリアの『ヴィットリオ・エマヌエレ三世の5リラ銀貨』は、希少性もありますし、とにかくデザインが優れています」

▼コイン

絵画のようなヨーロッパの金貨が人気


●ヴィクトリア女王「5ポンド金貨」の値段

・2007年/500万円

・2017年/2500万円

ヴィクトリア女王「5ポンド金貨」のなかでも、1839年に発行されたヤングヘッド肖像の「ウナとライオン」は人気が高く、値段が高騰。10年で5倍に。


●投資のポイント

・現存数が少ない

・状態がいい

・人気がある

・デザイン的に優れている

■日本盤「帯」に、外国人が飛びつく

団塊の世代だけでなく、若者からも脚光が集まっているレコード。CDによるデジタル信号とは違う、温かみのある音が世代を超えて好まれている。

「インターネットが普及したことで、オークションサイトなどでレコードの売買が活発になり、新たな価値が掘り起こされるケースも増えています」と語るのは、ディスクユニオン新宿ロックレコードストアの藤村一樹店長。同店では、国内外のロックやポップスのレコードの買い取りを積極的に行っている。

ビートルズなどイギリスのロックバンドは需要が高い。(AFLO=写真)

人気が高いのは、主に60年代、70年代のイギリスの人気ロックバンドの作品。ビートルズ、ローリング・ストーンズピンク・フロイドキング・クリムゾンといったバンドのオリジナル盤は需要が高く、中古市場で高値で取引されている。

「ビートルズのデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』は63年に出ていますが、モノラル盤全盛期に出たステレオ盤はプレス数も少なく、先日も90万円で販売されました。オリジナル盤で、枚数が少ないうえに、現在まで綺麗な状態で残っているものはほんの一握りですから、そうしたものは自ずと高くなりますね」(藤村氏)

同じビートルズでは、「ホワイトアルバム」はナンバリングがふってあるが、2桁ナンバーのレコードはほぼ市場に出回らない。先日同店で出品された際は、100万円オーバーですぐに売れてしまったという。

日本盤のレコードに付いていた「帯」も馬鹿にならない。レコードによっては帯の有無や保存状態次第で、値段が数倍変わることもある。ご注意を。

▼レコード

60年代、70年代の人気ロックバンドに注目


●ビートルズ『プリーズ・プリーズ・ミー』の値段

・2006年/50万円

・2016年/90万円

ビートルズの最初のアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』は、イギリスの「レコードコレクター プライスガイド」で、2016年に6000ポンド(約90万円)という価格がついた。


●投資のポイント

・現存数が少ない

・ポピュラーなアーティスト

・コンディションがいい

・帯がある

※本記事は投資のノウハウを取材したものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

———-

横山光昭

家計再生コンサルタント

独自の家計再生プログラムで、1万人以上の家計を再生してきた。『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)は50万部を超えるベストセラーに。

———-

(志村 江 撮影=大沢尚芳 写真提供=銀座コイン、写真=AFLO、iStock.com)





コメントを残す