3000円以下で買える“駄カメラ”って? その面白さと魅力を解説! – ニフティニュース

Home » ショップ » カメラ » 3000円以下で買える“駄カメラ”って? その面白さと魅力を解説! – ニフティニュース
カメラ コメントはまだありません



高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月16日(木)の生放送は、俳優でタレントの石井正則さんが登場。駄菓子のように懐かしく、お手軽価格で買える1980〜90年代のフィルムカメラ“駄カメラ”の魅力を教わりました。

お笑いコンビ「アリtoキリギリス」でデビューし、テレビドラマ「古畑任三郎」の出演などをきっかけに俳優として活躍する石井さん。3,000円以下で買える中古のフィルムカメラ(=駄カメラ)を50台ほど持ち、すっかり駄カメラにハマっているそうです。

フィルムカメラ・ビギナーにこそオススメしたい駄カメラの魅力は「安くて簡単」なところだとか。「昔、家庭にあったコンパクトカメラは、デジタルカメラやスマートフォンで写真を撮る人が多数の今、人気がなくてとても安い。機能もできることが限られるため、(操作が)簡単。もう(シャッターを)押すしかない」と石井さんは話します。

石井さんによると、「いい表情が撮れる」のも駄カメラの面白さの1つだそうです。「スマートフォンでも撮影できるのに、フィルムカメラを出した時点で被写体のテンションが変わる。凝り固まっていない、いつもと違う表情が撮れる」と石井さん。また「失敗した写真も取っておける」のも意外な魅力だと言います。そして、「思い出に残る」のも、駄カメラならでは。石井さん曰く、なぜかデジタルカメラやスマートフォンで撮影するよりも、フィルムカメラで撮った際のシチュエーションを覚えていることが多いとか。撮る枚数が限られているフィルムカメラのほうが、写真を撮る側も撮られる側も「気持ちが入る」ことも作用しているのではと石井さんは話していました。

石井さんの話を聞き、たかみなが提案したのは、日付機能を使うフィルムカメラならではの「未来写真」。あえて未来の日付で未来的な写真を撮り、(未来の)当日に「答え合わせ」をするというものです。この提案に石田さんは「面白そう。やってみたい!」と乗り気でした。

駄カメラの魅力がたっぷりと詰まった石井さんの著書「駄カメラ大百科」が徳間書店より発売中です。フィルムカメラ入門書として役立つ1冊になっているので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

—————————————————-
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年8月24日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
—————————————————-

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm





コメントを残す