バルクホールディングスはクリプトアセットアドバイザリー事業の子会社を設立 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » バルクホールディングスはクリプトアセットアドバイザリー事業の子会社を設立 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■ブロックチェーン市場に特化した新会社


 バルクホールディングス<2467>(名セ)は10日、クリプトアセットアドバイザリー事業を目的とする子会社の設立を発表した。

 同社は企業価値向上を目的として、グローバル先端テクノロジー分野への積極投資を行ってきているが、今回設立する新会社は、同社の事業推進コアと位置づけているサイバーセキュリティ分野において重要な市場の一つであるブロックチェーン市場に特化した新会社である。

 同新設子会社では、ブロックチェーン技術を用いて独自の経済圏を確立し、企業価値を向上する手法(クリプトエコノミクス)に着目。暗号技術および分散型台帳技術を用いた経済圏の確立手法に関するデータおよびノウハウを蓄積すると同時に、クリプトアセット(暗号化されたデジタル資産)を管理するうえで不可欠となるサイバーセキュリティへの対策に関して、同社が業務提携しているCyberGym Control Ltd.との連携により、ブロックチェーン応用システム、仮想通貨交換業者およびコールドウォレット提供事業者、ICO事業者(仮想通貨技術を使った資金調達)に対してサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ソリューションを提供する計画である。なお、新設子会社の設立は18年9月中を予定している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す