ASIAN STARの第2四半期連結業績は、戸建て事業が順調なことから、大幅増収増益で着地 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » ASIAN STARの第2四半期連結業績は、戸建て事業が順調なことから、大幅増収増益で着地 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■売上高は22億13百万円(前年同期比130.7%増)と大幅増収


 10日に発表されたASIAN STAR<8946>(JQS)の第2四半期連結業績は、戸建て事業が順調な伸びを見せたことから、大幅増収増益で着地した。

 18年12月期第2四半期連結業績は、売上高22億13百万円(前年同期比130.7%増)、営業利益71百万円(同106.2%増)、経常利益66百万円(同340.9%増)、純利益66百万円(前年同期0円)となった。

■不動産販売事業ではレジデンス2棟の引渡しを完了


 主力となる不動産販売事業は、戸建事業が順調な伸びを見せたことに加え、レジデンス2棟の引渡しを完了したことから、売上高16億27百万円(同365.4%増)、営業利益49百万円(前年同期03百万円)となった。

 不動産管理事業は、前期中に終了したプロジェクトがあったことなどにより、売上高2億25百万円(前年同期比8.2%減)、営業利益1億円(同0.7%減)であった。

 不動産賃貸事業は、レジデンス2棟の売却に伴う家賃収入の減少、自社保有の駐車場における機械装置等の修繕の発生などにより、売上高2億46百万円(同3.8%減)、営業利益21百万円(同55.0%減)。

 不動産仲介事業は、前期から引き続き堅調に推移したが、人件費の上昇などにより、売上高1億14百万円(同5.8%増)、営業利益39百万円(同2.6%減)となった。

 以上のように、不動産販売事業が好調であったことから、他の3事業の減益をカバーし、大幅増益となった。

■通期予想利益をすでに上回る


 第2四半期で、通期予想利益をすでに上回っているが、通期に関しては、当初予想を据え置いている。

 ちなみに、今期18年12月期通期連結業績予想は、売上高32億28百万円(前期比86.5%増)、営業利益70百万円(同33.2%増)、経常利益55百万円(同69.0%増)、純利益33百万円(前期02百万円)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す