2億円オークションに驚き卒倒。おバカな工藤遥カワイイ回『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』#26 – 日刊サイゾー

Home » オークション » 2億円オークションに驚き卒倒。おバカな工藤遥カワイイ回『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』#26 – 日刊サイゾー
オークション コメントはまだありません



『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』#26「裏のオークション」

ここのところ、メチャクチャ強いライモン軍団との戦いで、シリアスな展開が続いていたが、今回は久々にライトな面白回。

●おバカなくどぅーがカワイイぞ

会員制の裏オークションにルパンコレクションが出品されるという情報を入手した高尾ノエル(元木聖也)は早見初美花(工藤遥)とともにオークション会場に潜入することに。

そのオークションは参加者が全員ゲッターズ飯田みたいなマスク着用という、アヤシイにもほどがある集会。

……確かに裏オークションってこういうイメージはあるけど、実際にこういう集会、この世のどこかで開かれてるんですかね?

さて、お目当てのコレクション「たそがれの人魚像・小さな泡」は、40万ドルからスタートしグイグイ値を上げていき、最終的にノエルが200万ドルで落札。

しかし、ハンマープライスされた直後、会場にギャングラーがあらわれ、コレクションが奪われてしまったのだ。

今回は、コレクションを手に入れるためならば金に糸目を付けないノエルと、ザ・庶民な金銭感覚の初美花が対照的に描かれおり、飛び交うビッグマネーに初美花ちゃんがいちいちいいリアクションを見せてくれた。

本作でコメディエンヌとしての才能を開花させつつある工藤遥の魅力全開回だ。

40万ドルを40万円と勘違いしたり、落札金額200万ドルに驚愕し、卒倒したり。

「に……に……200万ドルって、2億円?(ボンヨヨヨ~ン)」

「気を失う」を表現するために、ここまでベタな効果音を使う番組、久しくお目にかかっていないよ。



12



コメントを残す