「Galaxy Tab A 10.5」発表、大画面のベーシックタブレット端末 – Engadget 日本版

Home » ショップ » タブレット端末 » 「Galaxy Tab A 10.5」発表、大画面のベーシックタブレット端末 – Engadget 日本版
タブレット端末 コメントはまだありません



サムスンは新型タブレット「Galaxy Tab A 10.5」を発表しました。同時に発表された「Galaxy Tab S4」と画面サイズは同一ですが、オプション機能を省いたシンプルな製品に仕上がっています。

Galaxy Tab A 10.5は、アスペクト比16:10の10.5インチ/1080p解像度の液晶ディスプレイを搭載。この点、有機ELディスプレイを搭載するGalaxy Tab S4からコストダウンが図られています。

さらにディスプレイにつないでPCのようなUIが使える「DeX」機能には非対応で、キーボードカバーも用意されていません。また、指紋認証や虹彩認証といった生体認証機能も搭載されていません。

このように”ないないづくし”なGalaxy Tab A 10.5ですが、ありがたいことにDolby Atmosに対応した4スピーカーはGalaxy Tab S4と共通して搭載されています。自宅でのウェブサーフィンや動画視聴などに活躍しそうな端末です。

本体スペックはプロセッサがSnapdragon 450でRAMは3GB、内蔵ストレージは32GBを搭載。800万画素の背面カメラと500万画素のフロントカメラを採用し、バッテリー容量は7300mAh。OSはAndroid 8.1 Oreoです。また、LTE通信対応モデルも用意されています。

発売日は海外で8月24日を予定。価格情報などは伝えられていませんが、それなりにお求めやすい価格で販売されることでしょう。





コメントを残す