ソフトバンクGは米投資ファンドによる買い報道を受け出直り強める – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » ソフトバンクGは米投資ファンドによる買い報道を受け出直り強める – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■タイガーグローバルが4~6月期に10億ドル(約1100億円)投資と伝わる


 ソフトバンクグループ<9984>(東1)は12日、出直りを強めて2日続伸基調となり、10時30分にかけては5%高の9246円(434円高)前後で推移。「米投資ファンド、ソフトバンクに10億ドル投資」(日本経済新聞・電子版2018年7月12日0時13分)と伝えられ、期待や思惑が広がった。

 報道によると、米大手投資ファンド、タイガーグローバルが4~6月期に2本のヘッジファンドを通じてソフトバンク・グループの株式に10億ドル(約1100億円)投資した。割安と判断したという。

 ソフトバンクグループの株価は17年11月に株式分割など調整後の2000年以降の高値1万550円をつけ、その後は調整基調に転じている。ただ、18年6月の7540円を下値として最近は持ち直しており、高値から半年を経て日柄調整が進み、休養十分の態勢になってきたとの見方はある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す