【材料】新興市場銘柄ダイジェスト:コックスが大幅反落、アエリアは年初来安値更新 – 株探ニュース

Home » リペア » 【材料】新興市場銘柄ダイジェスト:コックスが大幅反落、アエリアは年初来安値更新 – 株探ニュース
リペア コメントはまだありません



アエリア <日足> 「株探」多機能チャートより

3758> アエリア 1204 -124
連日で年初来安値を更新。3日の大量保有報告書でOakキャピタル3113>が保有株を売却し、252万4000株に減らしたことが判明してから売りの勢いが増している。保有割合は従来の16.25%から11.84%に低下。報告義務発生日は6月26日。また、連結子会社のサイバードがシミュレーションゲーム「イケメンライブ 恋の歌をキミに」のファーストアルバムのリリース決定を発表している。

<1446> キャンディル 1450 –
公開価格(1180円)を約52.5%上回る1800円で初値を付けた。14年8月設立。木質・アルミ建材等に発生した傷・不具合のリペアや住宅のアフターサービス、施工サービスなどを手掛ける子会社を傘下に持つ持株会社。18年9月期の営業利益予想は前期比12.1%増の3.74億円。リペアサービスで戸建向けの平均受注単価や受注件数の増加を見込むほか、住環境向け建築サービスも順調に拡大する見通し。

<9876> コックス 195 -15
大幅に反落、19年2月期第1四半期の営業損益を1.61億円の赤字(前年同期実績0.01億円の黒字)と発表している。不安定な気候変化に対応できず、客数が伸びず苦戦したことに加え、初夏物・夏物が計画を下回った。通期予想は2.00億円の黒字(前期実績4.14億円の赤字)で据え置いたが、下方修正への警戒感が広がっている。同時に発表した6月の既存店売上高は前年同月比1.1%減。

<4391> ロジザード 2450 –
公開価格(900円)の約2.78倍となる2500円で初値を付けた。4日に上場したが、買い注文が殺到して取引が成立しなかった。01年7月設立。事業内容は、クラウドサービス事業や情報システムの開発・販売など。18年6月期の営業利益見通しは前期比52.8%増の1.36億円。倉庫在庫管理システムのクラウドによる提供に加え、販売チャネルや流通チャネルの統合を進める事業者への場所別在庫情報を提供する開発案件など新たな取組みを進める。

<7177> GMO-FH 814 -20
大幅に続落。グループのGMOクリック証券会社の6月の株式売買代金が1兆3339.37億円(5月は1兆3309.01億円)、1日平均で635.20億円(同633.76億円)だったと発表している。売買代金は4カ月ぶりにプラスに転じたが、伸び率は小幅にとどまった。また、前年同月の売買代金2兆0240.58億円、1日平均920.02億円と比べて減少していることから、業績に対する警戒感が広がっている。

<2471> エスプール 1462 -35
大幅に続落。18年11月期第2四半期累計の営業利益を前年同期比76.6%増の4.63億円と発表している。人材派遣サービスが引き続き順調に拡大したほか、障がい者雇用支援サービスも伸長し、利益が拡大した。通期予想は前期比20.7%増の8.14億円で据え置いた。進捗率は56.9%だが、ほぼ会社予想通りでサプライズに乏しいと受け止められ、材料出尽くし感から売りが出ている。

<2402> アマナ 826 +5
3日続伸。グループ傘下のアマナデザインが米NewsCredと日本市場に対するコンテンツ・マーケティング・プラットフォームの提供を本格稼働すると発表している。アマナデザインが提唱する顧客に最適化されたコンテンツを提供する「コンテンツオプティマイゼーション」を実現するプラットフォーム。NewsCredは各国の約5000メディアが保有するコンテンツを提供している。

《DM》

 提供:フィスコ





コメントを残す