政府のオークションで購入! これがFBIの監視車両だ! – Goo-net(グーネット)

Home » オークション » 政府のオークションで購入! これがFBIの監視車両だ! – Goo-net(グーネット)
オークション コメントはまだありません



世界のクルマの話題です![2018.07.04 UP]

政府のオークションで購入! これがFBIの監視車両だ!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回ご紹介するのは、オークションで発見したとあるクルマの映像です。ヴィンテージモデルや年代物のスーパーカーというわけではなく、アメリカでは非常に一般的なダッジのラムバンです。ところが、このラムバン、ただのクルマではありません。なんと、FBI (連邦捜査局)が容疑者や重要人物の監視活動に、実際に使用していた車両なのです。どうしてそのようなクルマが手に入ったのかといいますと、オーナーは単に政府のオークションで購入したということです! では貴重な映像となる(!?)本物のFBI監視車両のチェックを行いたいと思います。どうぞご覧ください!

 端から見るとただのラムバンです。日本のハイエースとでもいうべき存在でしょうか、働く人たちが信頼を寄せる名物バンです。

 運転席を見ても何の変哲もありません。

 ところがドアの下を見ると、丈夫そうなカギが付いていました。これは絶対に扉が開けられないように閉めるものなのでしょうか。

 これはテールランプですが、よく見ると小さな穴が空いています。これは何のためでしょうか?

 次には一般的には荷室として使われる後部席を見てみましょう。

 スライドドア分けると、内部は放送局のコントロールルームのような雰囲気になっています。

 モニターには周囲の様子を映し出すカメラの映像が見えます。

 記録用のカセットテープが置かれています。さすがに年代を感じます。こちらには大雪の記録は残されていないのでしょうか。

 運転席との間には、覗き窓が付いた扉があります。

 様々な機器を使うので、バッテリーは大容量です。

 ちなみにモニターに写し出されていた映像ですが、ルーフに備えられるすべてのバーには、小さな穴があって、そこにカメラが隠されているのです。先ほどのテールランプの穴も同じです。こんなに小さな穴から鮮明な画像が映されていたのですね。

 車両は1989年式のダッジ ラム 350です。

 ずいぶんと古い車だから問題はないと言うことでオークションに出品されたのでしょう。しかし、乗っていると、テレビドラマさながらの雰囲気が楽しめる、なかなか贅沢なクルマですね。



  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す