売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS」–3-5月、バイク王調べ – ニコニコニュース

Home » ショップ » バイク » 売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS」–3-5月、バイク王調べ – ニコニコニュース
バイク コメントはまだありません



バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動する「バイク王 バイクライフ研究所」はこのほど、2018年3~5月の期間を対象に、「再び売却した際、高値の付くバイク」=「”リセール・プライス”の高いバイク」上位10車種を発表した。

「”リセール・プライス”の高いバイク」は、需要の高いバイク、つまり「人気のあるバイク」と言い換えることもできる。25回目となる今回は、「カワサキ・Z900RS」が2位に18.3pt差を付け首位に輝いた。

同車は、2017年に発売されたカワサキのレトロスポーツモデル。跳ね上がらずに丸みを帯びたテールカウルやティアドロップフューエルタンクの採用、サウンドチューニングが施されたマフラーが奏でる低く厚みのあるサウンドなど、まさにカワサキが誇る名車Z1/Z2を彷彿とさせるモデルとなっている。

その一方、最高出力111PS/8,500rpmを発生する水冷4スト並列4気筒エンジンをはじめ、倒立フォークやリアシングルサス、軽量トレリスフレームなど、装備は最新式のものが採用されている。発売前より話題となっていた同モデルだが、国内4メーカーの小型二輪車(251cc以上)新車販売台数でカワサキを5カ月連続のシェアトップに導くほどの人気車であることに加え、中古市場への流通台数が現状ではまだ少ないことによる高値傾向であると推察される。

今回のランキングでは、原付一種・二種のモデルが多くランクインする結果となった。今回のようにトップ10の半数が原付一種・二種となるのは調査開始以来初めてで、同クラスにおいては各メーカーともにニューモデルの発表・発売の話題が多いことによる人気の上昇が考えられる。また、ホンダからヤマハへのOEM生産がスタートすることや、AT限定小型自動二輪免許の取得可能最短期間短縮が予定されるなど、今後の動向からも目が離せない。
(エボル)



画像提供:マイナビニュース



コメントを残す