ダイハツ「ブーン シルク」の加速性能を向上させるオプションを新設定 – マイナビニュース

Home » ショップ » 金券・チケット » ダイハツ「ブーン シルク」の加速性能を向上させるオプションを新設定 – マイナビニュース
金券・チケット コメントはまだありません



ダイハツ工業(以下ダイハツ)は7月2日、小型乗用車「ブーン」の上級グレードである「ブーン シルク」に、新たなメーカーオプション「D-tune edition(ディー・チューン エディション)」を追加設定し、全国一斉に発売した。

2016年4月にフルモデルチェンジした「ブーン」は、同社が軽自動車で培ってきた強みを生かして開発した小型乗用車であり、「ブーン シルク」はその上級グレードとなる。2017年10月には、車両にスポーティな印象を与えるアクセサリーパッケージとして「スポルザ リミテッドパッケージ(ブラックストライプ、レッドストライプ)」を設定した。

今回は、エクステリアのドレスアップに加え、よりスポーティな走行性能を求めているユーザーの声に応えるため、街乗りでの軽快な走りを実現する「D-tune edition」を設定。CVTのファイナルギヤを約20%ローギヤ化し、街乗り速度域での加速性能を向上させた。これにより、0~40km/hの発進加速を時間で約8%、40~80km/hの加速を時間で約10%短縮している。

「D-tune edition」の価格はオープン。同オプションは型式指定からの変更となるため、持ち込み検査による新規登録が必要となる。

なお、「ブーン」の価格帯は税込115万200円~164万2,680円、「ブーン シルク」は税込143万1,000円~185万3,280円。





コメントを残す