Apple Watch Series 3、セルラー対応スマートウォッチ市場の6割占有 – iPhone Mania

Home » ショップ » スマートウォッチ » Apple Watch Series 3、セルラー対応スマートウォッチ市場の6割占有 – iPhone Mania
スマートウォッチ コメントはまだありません



Apple Watch Series 3 The Verge
 
AppleのApple Watch Series 3が好調で、2018年第1四半期におけるセルラー対応スマートウォッチ市場の59%を獲得した模様です。

ウェアラブル売上の8割がスマートウォッチ

調査会社Canalysの試算によると、第1四半期における世界全体でのウェアラブルバンドの出荷本数は2,050万本で、前年同期比35%の好調な伸びを記録しました。
 
ウェアラブルバンドの売上金額の80%をスマートウォッチが占めており、この比率は前年同期の74%からさらに上昇しています。本数ベースでは、ウェアラブルバンドの売上全体に占めるスマートウォッチ売上の比率は43%です。

Apple、ウェアラブルバンド全体でも首位に

ウェアラブルバンドのベンダー別では、Apple Watchを380万本出荷したAppleが首位、Mi Bandを主力製品(同社ウェアラブル製品の9割を占める)とするXiaomiが370万本で2位となっています。
 
これをスマートウォッチに限定すると、首位はもちろんAppleですが、2位はGarmin(出荷本数100万本)となります。
 
canalys-apple-watch-q1-calendar-2018-800x450

Apple Watch S3に対抗しうるAndroid製品の欠如

Canalysは、Apple Watchの売上が伸びた理由はLTE対応のApple Watch Series 3であるとし、同モデルはさらなる売上をもたらすため通信キャリアにも歓迎されていると述べています。同社によれば、Apple Watch Series 3はLTE対応スマートウォッチ市場において、59%のシェアを獲得しています。
 
Canalysはまた、Android陣営にはApple Watchと対抗できるようなLTE対応スマートウォッチがないとも指摘しています。LGとHuaweiがWear OS搭載のLTE対応スマートウォッチを販売していますが、使用できるアプリや機能などの面でApple Watchと比べると見劣りがします。
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、5月1日に行なった同社第2四半期(2018年1−3月)業績発表において、Apple Watchの売上が同四半期としては過去最高の数字に達したと述べています。

 
 
Source:Canalys via MacRumors
(lunatic)





コメントを残す