ハウスドゥの賃貸仲介WEBシステムが経産省のIT導入補助金対象に追加認定 – 財経新聞

Home » 買取 » ハウスドゥの賃貸仲介WEBシステムが経産省のIT導入補助金対象に追加認定 – 財経新聞
買取 コメントはまだありません



■「DO NETWORK!」に続き「レントドゥ!WEBシステム」「家・不動産買取専門店WEBシステム」が追加認定される


 ハウスドゥ<3457>(東1)は16日、経済産業省のIT導入補助金対象サービスに「賃貸」と「買取」のITツールが追加認定されたと発表した。17日の株価は7.6%高の6220円(440円高)となり、4日ぶりに上場来の高値を更新した。

 発表によると、このIT補助金サービスは、経済産業省が中小企業・小規模事業者等の生産性の向上支援を目的に、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する事業者に対し、導入費用の一部を補助する制度。

 すでに、同社が提供する不動産売買仲介用のWEBシステム「DO NETWORK!」が認定されていたが、これに続き、新たに、不動産賃貸仲介用の「レントドゥ!WEBシステム」および、不動産買取用の「家・不動産買取専門店WEBシステム」が追加認定された。

 「レントドゥ!WEBシステム」は、不動産賃貸業務支援ソフト・個別ホームページ連動のシステムで、不動産ポータルサイトへの一括出稿やチラシ作成といった物件情報の活用から、自社ホームページ作成、HTMLメールによる追客支援機能、契約書の作成、出力などオールインワンのシステムです。物件仕入から契約まで、賃貸仲介の業務範囲に対して、カバー率の高いシステム。

 また、「家・不動産買取専門店WEBシステム」は、不動産買取業務に必要な物件・顧客・業者・契約といった情報を一括管理する同社オリジナルの不動産買取事業基幹システム。集客・営業支援、追客支援、最新不動産情報配信メールサービス等、同社が現場で培ってきた実証済みの「使える」ノウハウをシステム化した。さらに、全国の加盟店様の物件情報を掲載する物件検索ポータルサイト、加盟店様専用のホームページ兼物件検索サイトが連動している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】テモナは安値圏モミ合いから上放れ、18年9月期1Q大幅増益で高進捗、3月31日基準日で株式2分割(2018/02/14)

【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想(2018/02/19)

【相場展望】「木を見て森を見ない」個別株物色を徹底して波乱相場を乗り切り桜満開の春相場へアプローチ(2018/02/15)

【業績でみる株価】MS&Consultingは売られ過ぎ感、18年3月期3Q累計減益だが通期増収増益予想(2018/02/15)





コメントを残す