道を埋め尽くすバイクの大群 これぞベトナムの風物詩ですが… – 山陽新聞

Home » ショップ » バイク » 道を埋め尽くすバイクの大群 これぞベトナムの風物詩ですが… – 山陽新聞
バイク コメントはまだありません



ホーチミンの市内。道幅いっぱいにバイクが広がっています

ガソリンスタンド。車ではなく、バイクが目まぐるしく出入りしています。ここでも、バイク渋滞です

ホーチミンの夜。この広い範囲で、信号機がありませんでした。この中を平然と徒歩で横断する市民もいます

 カンボジアから陸路で国境越えし、やって来たのがベトナムです。ベトナムでまず驚かされたのが、まるで洪水のように流れゆく、バイクの群れ。道幅を埋め尽くすように走るバイクの群れは圧巻です。

 どれほどのバイクの量かというと、例えば大通りの場合には、道路を走る8割がバイク、2割がタクシーやバスなどの自動車。ときたま自転車や歩行者といった具合です。面白いのは、ベトナムではバイクの3人、4人乗り、中には器用に5人まで乗っているものまで見かけます。ベトナムではバイクの乗車人数に子どもは含めない、という変わった規律があるそうです。

 さて、このバイクの大群、遠目に眺めている分には面白いのですが、困った事がありました。私が街を歩いた際、探せど探せど横断歩道が見当たりません。一部の大通りでは、歩行者のための横断歩道がほとんど無いのです。そのため、大通りを渡りたければ、適当な場所で道路を横断することになります。絶え間なく洪水のように道路を流れるバイクの波を、平然と横断していく市民を見て、私も勇気を出して渡ることにしました。

 日本では、幼いころから「横断歩道を渡るときは手を上げましょう」と習った記憶がありますが、この時は「自分がここに居るから、道路を渡るから、どうか避けて通って」という祈りに似た意思を持って、手を上げて道路を渡ることにしました。気分はまるで、洪水の中に飛び込む一匹の小魚、といったところでしょうか。

 すると、慣れているのでしょう、スイスイとバイクの運転手は皆、避けてくれます。クラクションを鳴らされることもありませんでした。もっともバイクに囲まれた状態でクラクションを鳴らされたとしても、私としては、どうしようもないのですが。

 一体、なぜバイクが多いのでしょうか。ひとつは、単純に車が高価であること。ベトナムでは自動車の輸入に高い関税がかかる上、政府が莫大な手数料を上乗せしていたり、中古車の販売に規制をかけたりしているのだそうです。加えて、バイクなら道が細くても移動できる。電車やバスなどの公共交通機関の整備が追い付いていない、ということも大きな理由として挙げられます。

 そんなバイクのほとんどはホンダ、ヤマハ、スズキといった日本企業が占めています。海外で親しまれている日本企業を見ると、日本人として純粋に誇らしく感じます。ベトナム人にとって、良いバイクに乗ることは「ステータス」になるそうです。中でも日本製品の「ブランド力」が高いそうなのです。

 そんなベトナムですが、首都ハノイでは、2030年までにバイク、スクーターの乗車が禁止となるとのこと。これは増えすぎた二輪車による交通渋滞の解消と、深刻化する大気汚染への対策とされています。

 市は公共交通を増やしながら、中心部でのモーターサイクルの乗車を禁止していく計画を立てているそうです。ちなみに、同じくベトナムのホーチミンでは、2020年開通を目途に地下鉄建設が進んでいて、交通渋滞緩和が期待されています。

 しかし、安価な移動手段として人気が高いバイクやスクーターの禁止について、早くも市民からは反対の声が上がっています。超高齢化社会を迎える日本において、とりわけ車社会の岡山において、車の運転ができなくなるお年寄りが増える今後、このベトナムの交通規制と公共交通機関の整備は、あながち、他人事ではないのかもしれません。ベトナムにおいても、岡山においても、公共交通機関がうまく整備されることを祈るばかりです。

 ベトナムの風物詩と言ってもいい、このバイクの渋滞。2030年以降、その景色が見られなくなることに、一方で少し寂しいような気がするのです。

 ◇

 武田悠佑(たけた・ゆうすけ)1987年岡山市生まれ。岡山大学医学部を卒業後、看護師として岡山大学病院に勤務。その傍ら、月に1度岡山市中心部の西川緑道公園にて開催されている「満月BAR」の立ち上げ・初代代表、またNPO法人タブララサ理事も務める。生まれも育ちも岡山市、という環境の中で「世界を見てみたい」と考えるようになり、2017年5月5日から妻・小倉恵美と共に世界一周中。

 小倉恵美(おぐら・えみ)1989年美作市生まれ。学生時代には、全国で岡山県の観光PRを行う「おかやま観光フレンズ」や「おかやま桃娘」を務めた。20歳の時にケニアを訪れ「世界一周しながら世界中の人々の生活や価値観を知りたい」という夢が生まれる。2013年岡山大学教育学部卒業後、テレビせとうちに入社。記者を務め15年退職。





コメントを残す