映る・写る 「動かぬ証拠」はどっち? 清湖口敏 – 産経ニュース

Home » ショップ » カメラ » 映る・写る 「動かぬ証拠」はどっち? 清湖口敏 – 産経ニュース
カメラ コメントはまだありません



 4月23日付の特派員コラムに「日本の中古車に合えた」とあり、読者から「会えた」あるいは「逢(あ)えた」と書くのが正しいのではないかとの指摘が複数寄せられた。本欄へも、「アう」の漢字表記をテーマに取り上げてほしいといったメールを頂戴したので、今回は同じ訓に別の漢字を当てる同訓異字(異字同訓とも)について考えてみたい。

 まず右の「合えた」だが、手元の辞書にあたっても「合う」に「出あう」や「対面する」の意味を載せるものは一つもなかった。新聞協会の用語集でも「合う」は「合致、調和、互いに同じ動作をする」意とし、「会う」は「主に人と人とが会う」意としており、弊紙をはじめ大抵の新聞がこれに準拠している。

 これらを踏まえると「中古車に合えた」は、やはり奇異な書き方と言うほかなく、漢字を使うのなら、逢は常用漢字表の表外字なので「会えた」ということになるだろう。ただこれとても違和感が多少残るため、できれば「出合えた」「巡り合えた」に言い換えたいところではあった。「あえた」と仮名で書くのも極めて賢明な方法だ。

 同訓異字で厄介なのは、辞書によって使い分けの判断が異なるケースである。例えば「マルい月」は「丸い」か「円い」か。辞書の記述もまちまちで、当然、一方が正しくて他方が誤りという話にはならない。

 「ハカる」と訓じる漢字に至っては、常用漢字だけでも図・計・測・量・諮・謀があり、表外字や表外訓まで広げると、昨今は語感がすっかり汚れてしまった「忖度(そんたく)」の忖も度も「ハカる」の訓をもつ。それぞれの漢字にはそれぞれの意味があり、これらを完璧に使い分けるのは日本人には至難の業である。もともとの日本語(和語)と中国由来の漢字とでは、概念に大きな違いがあるからだ。

 「筆墨以前の表記法は、掻(か)ききずをつけてしるすことであった」と白川静著『字訓』が示すように、和語の「かく」には「掻く」「書く」「描く」といった多くの概念が含まれる。

 だが、「かく」に漢字を当てようと思えば、「(爪で)掻く」「(字を)書く」「(絵を)描く」などと、細分された概念ごとに異なる漢字を用いなければならない。

 こんな複雑な使い分けには昔の人も苦労したのに違いなく、江戸中期の儒学者、荻生徂徠は『訳文筌蹄(やくぶんせんてい)』という著書で同訓の各漢字の意味を詳述し、作詩作文や漢詩和訳、読書の際の参考に供した。収録漢字数は2434にも及ぶ。

 「合」を見ると-。「合ハ離・析・判ノ反対ナリ。ハナレワカレタルモノ、一ツニナルナリ。又ワリフヲアワセタルゴトキ、男女交合ノゴトキ…」(『荻生徂徠全集』から字体を改めて引用)と展開していく字解は実に面白い。それにしても右のような解説など、いまどきの辞書にはとても載せられまいと思うと、つい頬が緩んでしまう。

 現代人にはむしろ、文化審議会国語分科会が平成26年に出した報告『「異字同訓」の漢字の使い分け例』が参考になろうか。その前書きでは、漢字の使い分けを明確に示すのは難しく、年代や個人、各分野で表記習慣に違いがあると断ったうえで、報告と異なる使い分けを否定する趣旨ではなく、仮名の使用も妨げないと言及している。

 使い分けの曖昧さがあらためて思われるが、そうはいっても「日本車に合えた」のように明らかに違和感のある用字も実際にある。いま私が最も気になるのは「防犯カメラに映る」という表記である。

 先の報告では「写す・写る」に「画像として残す」の意を、「映す・映る」に「画像を再生する」の意を与え、次のような注釈を加えている。〈「ビデオに写る」は、被写体として撮影され、画像として残ることであるが、その画像を再生して映写する場合は「ビデオを映す」と「映」を当てる〉〈防犯ビデオや胃カメラなど、撮影と同時に画像を再生する場合も、再生する方に視点を置いて「ビデオに映る」と書くこともできる〉

 防犯カメラの映像が犯人逮捕の決め手となった事件は数え切れない。その種の事件を報道する際に朝日、毎日、読売、日経の各紙は「防犯カメラに映った(人物)」などと書くが、全国紙では唯一、産経だけが「写った」と書いている。

 各社の記者ハンドブックでも、毎日、読売、日経は「防犯カメラに映る」などの用例を載せ、産経は「防犯カメラ・ビデオに写る」と明記している。産経以外は「再生」に視点を置いているのかもしれない。

 防犯カメラが撮影した映像は記憶媒体に記録され、警察は記録された映像をモニター画面に再生して照合や解析を進める。再生される映像は、再生機器によって鮮明度も異なろうし、電源を切れば即時に消える。はたしてそんな映像が犯人特定への「動かぬ証拠」となり得るのだろうか。

 真に証拠能力をもつ映像とは、防犯カメラのレンズで捕らえられ、記憶媒体にしかと残された、決して消えることのない像なのではないか。そしてそうだとするなら、再生して見るものだとしても、写真フィルムに画像を写すのと同じように「防犯カメラ(ビデオ)に写った」と書くのがよいのではないかと思う。

 映る、写る。さて正しいのはどっち…いや、ここでも正誤を問うのは適切ではない。読者諸氏ならどちらの字を使われるだろうか。





コメントを残す