レカムの18年9月期第2四半期は、レカムIEパートナーが新たに加わり、増収大幅増益 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » レカムの18年9月期第2四半期は、レカムIEパートナーが新たに加わり、増収大幅増益 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



■情報通信事業、海外事業共に好調


 レカム<3323>(JQS)の18年9月期第2四半期は、レカムIEパートナーが新たに加わったこともあり、増収大幅増益となった。

 18年9月期第2四半期連結業績は、売上高29億80百万円(前年同期比23.7%増)、営業利益2億12百万円(同103.4%増)、経常利益1億96百万円(同105.2%増)、純利益1億01百万円(同46.7%増)となった。

 同社は、光通信と資本業務提携を実施し、2018年2月にLED照明や業務用エアコンを行うレカムIEパートナーを子会社化したほか、4月にはOA機器や光回線、HP制作等を販売するR・Sの株式を取得した。また、海外展開については、2018年2月にRECOMM BUSINESS SOLUTIONS (MALAYSIA) SDN.BHD.を設立し、ASEANにおける拠点を開設した。

 セグメント別の業績は、情報通信事業は、売上高23億84百万円(同15.1%増)、セグメント利益1億22百万円(同116.2%増)と2ケタ増収大幅増益となった。

 BPO事業では、レカムBPO(株)において既存顧客からの新たな業務の追加受注獲得及び新規顧客の開拓にも注力した結果、売上高1億92百万円(同20.8%増)となったものの、セグメント利益は、円高の影響もあり、22百万円(同15.8%減)となった。

 海外法人事業は、日系企業へのLED照明やエコ商材等の拡販に向けて、2017年8月に営業を開始したベトナムレカムの販売が順調に立ち上がってきており、中国3拠点での販売と合わせて、拡販に取り組んだ結果、売上高4億03百万円(同125.6%増)、セグメント利益67百万円(同225.2%増)と大幅増収増益なった。

 通期業績予想については、第2四半期が順調に推移していることから、当初予想を据え置いている。

 18年9月期連結業績予想は、売上高77億円(前期比49%増)、営業利益7億円(同139.5%増)、経常利益6億70百万円(同158.9%増)、純利益3億40百万円(同142.2%増)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す