WTCRニュルブルクリンク:シビック&グエリエリがR2を制す。R3はビョーク優勝 – BIGLOBEニュース

Home » リペア » WTCRニュルブルクリンク:シビック&グエリエリがR2を制す。R3はビョーク優勝 – BIGLOBEニュース
リペア コメントはまだありません



 WTCR世界ツーリングカーカップは5月12日、ドイツのニュルブルクリンクでレース2/レース3の決勝が3周ずつで争われ、レース2はエステバン・グエリエリ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が優勝。レース3はテッド・ビョーク(ヒュンダイi30 N TCR)が優勝を飾った。

 5月11日に行われた予選では、ビョークが8分55秒085でトップタイムをマーク。フレデリック・ベルビシュ(アウディRS3 LMS)が2番手に続く。リバースグリッドのポールポジションは、10番手を獲得したペペ・オリオラ(クプラTCR)が獲得し、DTM王者で、今回スポット参戦しているレネ・ラスト(アウディRS3 LMS)がフロントロウ2番手につけた。

 スタートでは、ポールポジションスタートのオリオラがリード。2番手スタートのラストはわずかに順位を落とし、さらにグランプリコースでロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)と接触しコースアウト。地元ドイツのヒーローがまさかのストップを喫してしまう。さらにその混乱の一方で、3番手スタートのグエリエリがトップを奪い、オリオラ、イバン・ミューラー(ヒュンダイi30 N TCR)、ヤン・エルラシェール(ホンダ・シビック・タイプR TCR)、ベルビシュと続く展開となった。

 1周目、北コースでは8番手付近を競り合っていたガブリエル・タルキーニ(ヒュンダイi20 TCR)が競り合いのなかでガードレールにヒット。2戦連続でクラッシュする憂き目に遭ってしまう。一方でトップ争いは首位のグエリエリが逃げる一方、2番手以下は大混戦。ドッティンガー・ホーエでは激しいスリップの奪い合いとなった。

 そんななか、エルラシェールをかわしてきたベルビシュが、2周目のドッティンガー・ホーエでさらにミューラーをオーバーテイク。ただ、ファイナルラップのグランプリコースではふたたびミューラーが前に出るなど、激しい3番手争いとなった。

 一方トップを守ったグエリエリは、そのままトップでチェッカー。ホンダ・シビック・タイプRがWTCC時代を通じニュルブルクリンクで初勝利を飾り、訪れていたJASモータースポーツ首脳陣やホンダ関係者も喜びに沸いた。2位はオリオラ、3位はミューラーとの戦いを制したベルビシュとなった。

 リペアタイムを挟んだ続くレース3は、予選2回目のタイムどおりのグリッドからスタートした。ポールポジションスタートのビョークがトップを守り、ベルビシュ、ミューラー、エルラシェール、ハフ、ノルベルト・ミケリス(ヒュンダイi30 N TCR)と続いていく。ミケリスにはグエリエリが襲いかかり、オーバーテイクを仕掛けていくが、接触によりグエリエリには10秒ペナルティが課せられてしまった。

 レースは終盤に向けて少しずつ間隔が広がっていき、最後はビョークが0.793秒差でベルビシュを振り切りトップチェッカー。イバン・ミューラー・レーシングはレース1のミューラーに続き、3レースで2勝を飾ることになった。2位はベルビシュで連続表彰台を獲得。ミューラーは3位に入った。



WTCRニュルブルクリンクのレース2を制し、JASモータースポーツのアレッサンドロ・マリアーニと握手をかわすグエリエリ
WTCRニュルブルクリンクのレース3でトップチェッカーを受けるテッド・ビョーク
WTCRニュルブルクリンクのレース2表彰台
WTCRニュルブルクリンクのレース3表彰台
WTCRニュルブルクリンクのレース2を制し、勝利のポーズをとるグエリエリ



コメントを残す