JAL、福岡空港で男性スタッフだけの「こいのぼりフライト」。子供たちに … – トラベル Watch

Home » ショップ » 金券・チケット » JAL、福岡空港で男性スタッフだけの「こいのぼりフライト」。子供たちに … – トラベル Watch
金券・チケット コメントはまだありません



JALは福岡空港でこいのぼりフライトを実施した

 JAL(日本航空)は5月5日、「こどもの日」にちなんだ「こいのぼりフライト」を福岡で実施した。対象となる便は、福岡12時00分発~羽田行きのJAL312便。

 搭乗案内から機内サービスまで、すべて男性スタッフにて運航するこの記念フライトは、今回で10回目を迎え、JAL 福岡空港支店では2017年に続き2回目となった。搭乗ゲートには、同支店所属の男性グランドスタッフが搭乗案内から、子供向けのプレゼント、地上からの見送りまでを担当した。

2018年5月5日のこいのぼりフライト

JAL311便:羽田(09時20分)発~福岡(11時15分)着
JAL312便:福岡(12時00分)発~羽田(13時35分)着

搭乗ゲート前には五月人形が飾られ、子供向けのプレゼント企画が

羽田空港から到着したJAL311便の折り返しとなるJAL312便が対象となった

福岡空港国内線ターミナルの9番ゲート前に特設ブースが設置されていた

 JAL312便は、先んじて羽田空港で行なわれた「こいのぼりフライト」で使用された羽田発~福岡行きのJAL311便の折り返しで行なわれた。福岡空港 国内線ターミナル内の9番ゲート前には、こいのぼりフライト用のブースが登場しており、グランドスタッフや整備士が、対象便の子供連れの乗客に向けて、複数のプレゼントが用意されたくじ引きへの参加を促していた。ゲートにはこいのぼりなど装飾が施され、「こどもの日」であることをアピール。

 JAL 福岡空港支店では、子供向けにこいのぼりのイラスト入り搭乗券を準備しており、ブースで名前を確認し、1枚ずつ手渡し。特別なメッセージを読むことができるページが開くQRコードと、搭乗者の名前もプリントされていた。

 11時40分、優先搭乗がはじまり、子供連れのファミリーがゲートを進んだ。すべての案内を男性スタッフがこなすということもあり、めずらしそうに写真を撮影する搭乗客の姿も多くあった。最後の搭乗客が機内に乗り込み、ドアが閉められると、グランドスタッフと整備士はランプに降り、JAL312便に使用されるボーイング 767-300型機(登録記号:JA613J)の乗客に向かって手を振って見送り。

 12時05分、プッシュバックが始まり機体がランプアウト。総勢20名ほどのグランドスタッフと整備士が手を振るなか、乗客268名(うち11歳以下の子供29名)を乗せて、16滑走路より羽田空港へ向かい離陸した。

福岡空港 国内線のJALチェックインカウンターにはフォトパネルが登場

 同日、福岡空港国内線のJALチェックインカウンターでは、子供の日関連ということで、終日フォトパネルのサービスやキャンディの配布などを実施した。古紙を利用したかぶとの折り紙や、子供用の手製チケットなども用意されていた。

福岡空港国内線ターミナルのJALチェックインカウンター前に設置されたフォトパネルブース

子供に向けて配られたキャンディや特製チケット、折り紙かぶともプレゼントされた

こいのぼりから顔をだせるフォトフロップスや吹き出し棒

【お詫びと訂正】初出時、手製のチケットのQRコードの説明に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。





コメントを残す