出張査定を受けるときに気を付けるべきこと – ニコニコニュース

Home » 買取 » 出張査定を受けるときに気を付けるべきこと – ニコニコニュース
買取 コメントはまだありません



愛車を手放すのはいつでも複雑な思いに駆られます。一緒に過ごした相棒でもあり、思い出の詰まった愛車、当然のことですよね。それでも手放すのであれば、少しでも高値で売りたい…。そんな時、多くの人は買取専門店に持ち込むかと思いますが、忙しい、店舗が遠い、車検切れで公道を走れないといった方は、出張査定を受けることもできます。とても便利なサービスですが、気をつけるべきこともあるのだとか…!?

車を手放す方法

出張査定を受けるときに気を付けるべきこと

・購入したディーラーで売却する
購入したディーラーで売却するのは手っ取り早い方法ですが、そこで車を購入する際の下取り以外では、うまみはそれほどありません。買い取り額を調べると、買取専門業者よりもおしなべて低くなるようです。

・買取専門店に持ち込む
買取専門店に持ち込む方法は、いま一番ポピュラーかもしれません。実際、ディーラーより買い取り額が高くなるケースが多いと言われ、真っ先に検討すべき選択肢であるといえましょう。

・個人売買(オークションなど)に挑戦する
個人売買は手軽にエントリーできることが魅力です。ただし個人間の売買は、商談後のトラブルや、売却したものの相手がなかなか名義変更をしてくれない等々、リスクが最も高い取引であるともいえます。

こうして考えてみると、やはり買取専門店に依頼するのがベターな選択肢ではないでしょうか。

さて、買取専門店に売却するとなると、避けて通ることのできないのが「査定」です。ネットなどで事前に愛車の相場を調べることはできますが、必ずしもその通りの額で売却できるわけではありません。

査定は、走行距離、年式、ボディカラー、車両の状態など様々な要素を専門の査定士がチェックを行い、車両の買い取り価格が算出されることになります。オーナーとしては、車をくまなくチェックされるわけですから、少々ドキドキするプロセスですよね。

査定を受けるためには、売却したい車を専門店に持ち込む必要があります。しかし、近くに店舗が無い、忙しくて時間が取れないといった場合は、「出張査定」を申し込むのがオススメです。

査定料や出張費などを無料としている買取業者もあり、売却を考えている方には査定から売却まで、自宅にいながら手続きを進める事ができるので、非常に便利なサービスといえます。

また、業者の事務所ではなく、自宅での交渉となるので、リラックスして商談に臨める、という心理的なメリットも挙げておきましょう。

この出張査定で恩恵をもっとも享受できるのは、公道を走れない「車検切れ」の車です。日々、車を使っている方にとっては無縁かもしれませんが、なんらかの事情で乗らなくなり、車検切れの状態(あるいは廃車状態)で保管している方にとっては、とても便利なサービスです。

しかし、出張査定には注意点もあります。どんなことが挙げられるのでしょう。

出張査定の注意点

メリットの多い出張査定ですが、注意点もあります。

一つは、出張査定が無料かどうか。出張査定を申し込んだら、別途サービス料を請求される、という事があります。無料出張査定を行っている業者も多数あるので、あとあとトラブルにならないように、この点は事前によくチェックしたうえで申し込むべきでしょう。

そして、希望の日時で予約がとれるか。愛車の出張査定を申し込む日は、週末、あるいは仕事が休みの日が多くなります。繁忙期などは、そこに多くの売却希望者が集まることになり、業者との日程調整がうまくいかないケースもあります。一刻も早く売却したい、という場合は有給を使うなどするしかないかもしれませんね。

クルマを持ち込まずに自宅で査定から商談までしてもらえる、というのは出張査定のメリットです。「せっかく来てくれたから…」と引け目に感じて、交渉しにくいなんて感じる方もいるかもしれませんが、そこは遠慮せずに、交渉に挑みましょう。

愛車の売却は一大イベントでもあります。だからこそ、お互い納得のいくハッピーな取引をしましょう。

出張査定を受けるときに気を付けるべきこと





コメントを残す