ギター・リペアショップから始まる出会いと、ガールズバンドの輝けるひと夏の想い――。 – カドブン

Home » リペア » ギター・リペアショップから始まる出会いと、ガールズバンドの輝けるひと夏の想い――。 – カドブン
リペア コメントはまだありません



画像

出発点は金型工場だった!?

──最新刊『あの夏、二人のルカ』はバンドを組む女子高生たちと、三十代の男女の物語がクロスオーバーする長篇小説です。着想はどこから?

誉田:実は、最初はこういう話を書くつもりはまったくなくて、金型工場の話を書くつもりだったんです。

──なんと。そういえば、視点人物の一人、乾滉一(いぬいこういち)の父親が金型工場の社長ですね。

誉田:最初は滉一が、ロックをやりたい、薄暗い工場で働くのはイヤだ、と工場を継いでほしい父親に対して反抗するような、ありがちな関係を考えていたんです。

 というのは、私はファーストガンダム世代で、小学生の頃、ガンダムのプラモデルをよく作っていたんですよ。それもただ作るだけじゃなくて、小さなザクを複製したり。

──ご自分で、複製ですか?

誉田:シリコンで型取りして、その後にレジンを流し込んで。プラモデルってそういうものだよね、と自分なりに納得していたんです。ところが、雑誌でガンプラができるまでの記事を見たら、木で造ったガンダムが紹介されていた。そのとき思ったのが、この金型はどうやって作るんだろう、ということ。木で作ったモデルを溶けた鉄で型取りしたら燃えちゃうんじゃないかって、小学生の頃からずーっと謎だったんですよ。あまりにも大事にしすぎちゃった疑問なので、ネットで調べて解決、なんてことにはしたくなかった。

 それで金型工場を舞台にした小説を書こうと決めて、単行本の編集長と一緒に工場取材に行ったんです。それでわかったのが、本作にも出てくる「(なら)いフライス盤」という機械を使うこと。それで長年の疑問がぱーっと解けた。ただ、謎が解けたのはよかったのですが、そこに小説の核になりそうなロマンを私は見いだせなかったんですね(笑)。

──あまりにも明快な答えで(笑)。

書籍

『あの夏、二人のルカ』

誉田 哲也

定価&nbsp1620円(本体1500円+税)

発売日:2018年04月27日

ネット書店で購入する



書籍

「本の旅人」2018年5月号

角川書店編集部

定価&nbsp100円(本体93円+税)

発売日:2018年04月27日

ネット書店で購入する



コメントを残す