甲州の瑞々しい果実を食べ尽くすグルメツーリング 山梨フルーツライド 8月26日開催 – cyclowired(シクロワイアード)

Home » ショップ » ロードバイク・自転車 » 甲州の瑞々しい果実を食べ尽くすグルメツーリング 山梨フルーツライド 8月26日開催 – cyclowired(シクロワイアード)
ロードバイク・自転車 コメントはまだありません



日本有数のワイン産地として知られる山梨県峡東地区を舞台にした「山梨フルーツライド in 峡東ワインリゾート2018」が8月26日(日)に開催される。巨峰や桃、プラムといった地元甲州産の果物が沢山頂けるフルーツグルメライドを紹介しよう。


広大な葡萄畑を横目に走る山梨フルーツライド広大な葡萄畑を横目に走る山梨フルーツライド (c)山梨フルーツライド開催実行委員会
山梨県の中央に位置する甲府盆地は、周囲を富士山や日本アルプスといった標高の高い山々に囲われているため、日中と夜間の寒暖差が大きい中央高地式気候という特徴を持つ。そして、一般的に果物は昼夜の温度差が大きければ大きいほど糖度が甘くなるそうで、この気候こそ山梨がフルーツ王国たる要因の1つだそうだ。そんな甘い甘い山梨のフルーツを思う存分頂けるサイクリングイベントが「山梨フルーツライド in 峡東ワインリゾート2018」である。

山梨県の中央部分に位置する峡東地域を舞台に行われる「山梨フルーツライド in 峡東ワインリゾート2018」。昨年は勝沼フルーツライドとして行われており、巨峰や桃、リンゴといった山梨のフルーツを思う存分頂けるフルーツグルメサイクリングイベントとなっている。

交通量が少なく走りやすい山梨路を進む交通量が少なく走りやすい山梨路を進む (c)山梨フルーツライド開催実行委員会
コースは65.9km獲得標高1188mmとしっかり走れるロングコースと、28km獲得標高270mのショートグルメコースの2種類を用意。走りやすい広域農道がメインのルートに選ばれており、ストレスなくライドを楽しめる。ロングコースは最大12%の山岳地帯があったりと、ロードバイクで楽しむのに最適なコースとなっている。一方、ショートグルメコースに関してはロードバイク以外の軽快車や電動アシスト自転車の参加も可能となっており、家族連れやカップルでも楽しめるコースレイアウトだ。その上、限定10台ではあるが、電動アシスト自転車のレンタルも行っているという。さらに、サポートライダーが各出走グループに配置され、万が一のトラブルでも安心できる体制が整えられている。

では、大会のメインプログラムとなるロングコースの詳細を見ていこう。スタート地点は日本有数のワインの産地として知られる甲州市勝沼町の中央公園。そこから南下し、葡萄の最盛期を迎える果樹園地帯を抜けていく。徐々に標高を上げていくと花鳥山展望台に到着。ここからはリニア実験線を間近に望む事が出来る。そこから1kmほど下ると1stエイドとなる八代ふるさと公園へ。

最大12%の山岳区間となる野背坂最大12%の山岳区間となる野背坂 (c)山梨フルーツライド開催実行委員会葡萄畑の横を通り抜ける葡萄畑の横を通り抜ける (c)山梨フルーツライド開催実行委員会

牛奥みはらしの丘からは甲府盆地が一望できる牛奥みはらしの丘からは甲府盆地が一望できる (c)山梨フルーツライド開催実行委員会
エイドではみずみずしい葡萄がたくさん頂けるエイドではみずみずしい葡萄がたくさん頂ける (c)山梨フルーツライド開催実行委員会2人で一緒にゴールを目指そう2人で一緒にゴールを目指そう (c)山梨フルーツライド開催実行委員会

南アルプスや甲府盆地が一望できるこのポイントで果物を補給をした後、笛吹市街を縦断するように北上。山梨市に入るとしばらくして2ndエイドとなる笛吹川フルーツパークに到着する。果物の歴史や文化などを包括的に学ぶことが出来る園内には近未来的な建物が立ち並ぶ。そこからはロングコースのハイライトになるであろう最大勾配12%の野背坂を登っていくと、標高700mほどのビューポイントからは富士山も目にすることが出来る。

そこから牧丘町杣口地域の葡萄畑を下っていくと、3rdエイドとなる塩山ふれあいの森総合公園に到着。ここからは甲府盆地を一望することが出来るだろう。そのまま南下し、最後の休憩ポイントである牛奥みはらしの丘からは、走行してきたルートのすべてが見渡せる。ここまで来たらゴールとなる勝沼町中央公園まで走り抜けるだけだ。

交通量が少なく走りやすい山梨路を進む交通量が少なく走りやすい山梨路を進む (c)山梨フルーツライド開催実行委員会フィニッシュ地点では名物のほうとうが頂けるフィニッシュ地点では名物のほうとうが頂ける (c)山梨フルーツライド開催実行委員会

走りやすく眺望に優れるコースもこの大会の魅力だが、各地点のエイドステーションの振る舞いも大きな魅力の一つ。”フルーツライド”と大会に冠するように、各コースに設けられる3つのエイドステーションすべてにおいて、葡萄と桃のいずれかが用意される。フルーツ王国の宝石たちを心いくまで楽しむことが出来る1日だ。

更に、フィニッシュ地点では山梨のフルーツ各種はもちろんのこと、名物のほうとうも用意されており、故郷の味に心も温まるだろう。また山梨の各種お土産を取り揃えるブース出展も予定されている。閉会式後には山梨の果物を使った果汁100%のジュースやサイクルアイテムが当たる大抽選会も開催され、最後まで楽しめることだろう。

ただいまエントリー受付中!締切は7月31日(火)
そんな魅力あふれる「山梨フルーツライド in 峡東ワインリゾート2018」は現在参加者を募集中だ。ショートグルメコースは既に定員に達してしまったとのことだが、ロングコースは引き続きエントリーを受け付けている。申込みはスポーツエントリーから。




山梨フルーツライド in 峡東ワインリゾート2018
開催日:8月26日(日)
開催場所:山梨県甲州市勝沼町
クラス:ロング、ショートグルメ
参加費:ロングコース 8,000円
    ショートグルメコース 3,000円
エントリー期間:7月31日(火)まで
各ルートレイアウト(ルートラボ):
・ロングコース
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=a1a4b4367e3303b94870309ba5…
・ショートグルメコース
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=ebc15a77ceb22eed3f96fd2987…



コメントを残す