ディップは目先的な売り一巡感、19年2月期増収増益予想 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » ディップは目先的な売り一巡感、19年2月期増収増益予想 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



 ディップ<2379>(東1)は、求人情報サイト「バイトル」や「はたらこネット」の運営を主力としている。18年2月期(連結決算に移行)は計画超の実質2桁増収増益だった。19年2月期も増収増益予想である。株価は19年2月期の増益率鈍化を嫌気する形で急反落したが、目先的な売り一巡感を強めている。出直りが期待される。

■求人情報サイトを運営


 アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、正社員・契約社員求人情報サイト「バイトルNEXT」、総合求人情報サイト「はたらこネット」などを運営するメディア事業を主力として、人材紹介「ナースではたらこ」サイトのエージェント事業も展開している。新規事業として18年2月期第2四半期から、TBMが製造する紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX」製品の販売を開始した。

 また17年11月に、AI(人工知能)関連の育成投資第2号および第3号案件としてジョリーグッドおよびGAUSS社の持分法適用関連会社化、新素材「LIMEX」製品を製造販売するTBMの第三者割当増資引き受け、オンデマンド給料サービス「ほぼ日払い君」を提供するBANQの子会社化を発表し、18年2月期第3四半期から連結決算に移行した。

■18年2月期は計画超の2桁増収増益、19年2月期も増収増益予想


 18年2月期(連結決算に移行)の連結業績は、17年2月期非連結業績との比較で、売上高が14.7%増の380億62百万円、営業利益が18.4%増の107億99百万円、経常利益が18.1%増の107億94百万円、純利益が22.1%増の75億31百万円だった。配当は7円増配の年間43円(第2四半期末19円、期末24円)とした。配当性向は31.8%である。

 計画超の2桁増収増益だった。主力のメディア事業における営業力強化で契約社数、求人広告掲載件数、契約1社当たり単価が順調に増加した。新卒307名入社による人件費の増加、TVCMやWeb広告の強化による広告宣伝費の増加、本社移転や拠点新設・増床に伴う経費の増加などを吸収した。エージェント事業は人員適正配置の効果で黒字化した。

 19年2月期の連結業績予想は、売上高が18年2月期比11.3%増の423億60百万円、営業利益が7.7%増の116億30百万円、経常利益が7.1%増の115億60百万円、純利益が5.7%増の79億60百万円としている。配当予想は2円増配の年間45円(第2四半期末20円、期末25円)とした。予想配当性向は31.5%である。

 営業強化に向けた296名の新卒社員入社に伴う人件費の増加、プロモーション力強化に向けたTVCMやWeb広告の強化による広告宣伝費の増加、媒体力強化に向けた投資、新素材「LIMEX」製品販売やAI・HR領域など新規事業に係る先行投資などを考慮して1桁増益予想だが、主力のメディア事業が牽引して上振れ余地があるだろう。

■株価は目先的な売り一巡感


 株価は4月6日に年初来高値3620円まで上伸したが、19年2月期の増益率鈍化を嫌気する形で急反落した。ただし2300円台から切り返して目先的な売り一巡感を強めている。4月24日の終値は2557円、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約1585億円である。

 週足チャートで見ると一気に52週移動平均線まで割り込んだが、日足チャートで見ると25日移動平均線に対するマイナス乖離率が20%近くまで拡大して売られ過ぎ感を強めている。目先的な売り一巡して出直りが期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す